ドコモの5Gに向けた取組み ―2020年での5Gサービス実現に向けて―

概要

ドコモは2020年に向けて、さらに高速・大容量なMBB(Mobile Broad Band)や、あらゆるモノが無線でネットワークに接続するIoT(Internet of Things)といった、さまざまな新しいサービスを実現可能とする次世代移動通信システム「5G」の研究開発に取り組んでいる。本稿では、こういった取組みの概要として、5Gで想定されるサービスや要求条件、ドコモとしての5Gの定義や技術コンセプト、および、2020年のサービス実現に向けた標準化戦略や活動について解説する。

岸山 祥久/ベンジャブール アナス/永田 聡/奥村 幸彦/中村 武宏

文献
[1]METIS: “Scenarios, requirements and KPIs for 5G mobile and wireless system,” Apr. 2013.
https://www.metis2020.com/wp-content/uploads/deliverables/METIS_D1.1_v1.pdf
[2]NGMN: “NGMN 5G White Paper,” Feb. 2015.
https://www.ngmn.org/uploads/media/NGMN_5G_White_Paper_V1_0.pdf
[3]アナス,ほか:“5G無線アクセス技術,”本誌,Vol.23,No.4,pp.18-29,Jan. 2016.
[4]須山,ほか:“5Gマルチアンテナ技術,”本誌,Vol.23,No.4,pp.30-39,Jan. 2016.
[5]内野,ほか:“さらなる高速大容量化を実現するキャリアアグリゲーション高度化およびDual Connectivity技術,”本誌,Vol.23,No.2,pp.35-45,Jul. 2015.
[6]3GPP RWS-150036: “Industry vision and schedule for the new radio part of the next generation radio technology,” RAN Workshop on 5G, Sep. 2015.
[7]3GPP RWS-150051: “5G vision for 2020 and beyond,” RAN Workshop on 5G, Sep. 2015.
[8]3GPP RWS-150073: “RAN workshop on 5G: chairman summary,” RAN Workshop on 5G, Sep. 2015.
[9]ARIB 2020 and Beyond Ad Hoc Group: “Mobile Communications Systems for 2020 and beyond,” Oct. 2014.
http://www.arib.or.jp/english/20bah-wp-100.pdf
[10]第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)ホームページ.http://5gmf.jp/
[11]須山,ほか:“超高速移動通信の実現に向けた10Gbps屋外無線伝送実験,”本誌,Vol.21,No.4,pp.22-27,Jan. 2014.
[12]原田,ほか:“世界主要ベンダとの5G伝送実験,”本誌,Vol.23,No.4,pp.59-68,Jan. 2016.
[13]今井,ほか:“5Gのための電波伝搬,”本誌,Vol.23,No.4,pp.40-48,Jan. 2016.
[14]下城,ほか:“5G時代に向けた将来コアネットワーク,”本誌,Vol.23,No.4,pp.49-58,Jan. 2016.

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.23 No.4に、掲載されています。

このページのトップへ