2. LTE-NR DC
2.1 概要

「5G無線アクセスネットワーク標準化動向」目次

NRをLTEと組み合わせてノンスタンドアローンで提供する技術が、LTE-NR DCである。DCは、LTE向けにRelease 12仕様で策定した技術であり、eNB(evolved NodeB)間の複数のLTEキャリア※5を束ねて、同時にデータ送受信を行う事でユーザスループットを向上させる(詳細は、文献[2]参照)。LTE-NR DCは、LTE向けのDCを、無線技術が異なるLTEとNR間に適用できるよう拡張を施した技術である。

  1. キャリア:情報を伝達するために変調される電波(搬送波)。

2.2 無線プロトコルの機能拡張

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.25 No.3(Oct.2017)に掲載されています。

このページのトップへ