5. あとがき

「5G無線アクセスネットワーク標準化動向」目次

本稿では、3GPPにおけるSIの結果を基に、仕様化が予想される5G上位レイヤの主な要素技術を解説した。3GPPでは継続して、2017年12月のノンスタンドアローン運用向け標準仕様策定完了、および2018年6月のスタンドアローン運用向け標準仕様策定完了に向けて作業を進めている。ドコモは、3GPP RAN WG(Working Group)の中で、今後も積極的に技術提案を行い、標準仕様策定完了に向け貢献していく。

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.25 No.3(Oct.2017)に掲載されています。

このページのトップへ