2.3 仮想化のさらなるサポート

「5Gコアネットワーク標準化動向」目次

5Gコアネットワークは仮想化を前提にしている。仮想化は、ハードウェアとソフトウェアの分離を目的としており、5Gアーキテクチャで使用する各種識別子は仮想化を考慮した構成となっている。またAMFなどの各機能が、端末のコンテキスト情報と呼処理を分離可能としている。

2.4 ネットワークスライスおよびセッション関連ノードの複数同時接続

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.25 No.3(Oct.2017)に掲載されています。

このページのトップへ