3. あとがき

「5Gコアネットワーク標準化動向」目次

本稿では、5Gコアネットワークの主な要素技術を解説した。3GPP SAおよび、プロトコル詳細検討を行う3GPP CT(Core network and Terminals)※29では、これらの要素技術をRelease 15で仕様化すべく、表1に示すTR(Technical Report)、およびTS(Technical Specification)を策定している。ドコモは、3GPPにおける5Gコアネットワークの標準化推進に寄与しており、今後も5Gコアネットワークのさらなる発展に貢献していく。

表1 アーキテクチャ、プロトコルの関連ドキュメント一覧

表1 アーキテクチャ、プロトコルの関連ドキュメント一覧
  1. CT:3GPPにおいて,コアネットワーク内,および移動端末とコアネットワーク間のプロトコルの仕様化を行っているグループ。

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.25 No.3(Oct.2017)に掲載されています。

このページのトップへ