5G Tokyo Bay Summit 2016

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2016(WTP2016)内の専門イベントとして、2016年5月に東京ビッグサイトで開催されました。ドコモを含む16社の展示、10社・2団体による講演、15社の技術ワークショップが行われました。

講演

5G Tokyo Bay Summit 2016では、日米韓における5G実現に向けた取組みや、世界の主要プレイヤーの技術開発の取組みについて、グローバルリーダーの方々にご講演いただきました。

グローバルリーダーズトーク 〜5Gビジョンを語る

「5G Tokyo Bay Summit 2016 日米韓における5G実現に向けた取り組み」として、総務省 渡辺 克也氏(総合通信基盤局電波部 電波部長)、米FCC Julius Knapp氏 (Chief of office of Engineering and Technology)、ドコモ 尾上 誠蔵(常務取締役執行役員 R&Dイノベーション本部長)、ベライゾンコミュニケーション Roger Gurnani氏(Executive Vice President & Chief Information and Technology Architect)、KT Dongmyun Lee氏(CTO / Senior Executive Vice President)による講演の後、ドコモ 中村 武宏(5G推進室長)の司会によるパネルディスカッションが行われ、米FCC Julius Knapp氏、総務省 中沢 淳一氏、ベライゾンコミュニケーション Roger Gurnani氏、KT Dongmyun Lee氏、ドコモ 尾上 誠蔵が参加しました。

また同日午後には、「5G Tokyo Bay Summit 2016 世界の主要プレイヤーの5G技術開発の取り組み」として、ノキア Marcus Weldon氏(President of Bell Labs & CTO of Nokia)、エリクソン Magnus Ewerbring氏(Vice President, CTO Asia Pacific)、ファーウェイ 童 文氏(ファーウェイ・フェロー / ワイヤレス・ネットワーク部門最高技術責任者)、インテル Ken Stewart氏(Intel Fellow and chief wireless technologist for the Platform Engineering Group)、NEC 橋本 和弥氏(テレコムキャリアビジネスユニット 理事)、クアルコム Edward G. Tiedemann, Jr.氏(Senior Vice President, Engineering)、サムスン Wonil Roh氏(Vice President,Communications Reserch Group)の講演が行われました。

展示内容

ドコモの5Gへの取組み、主要ベンダとの5G実験協力などの展示を中心に紹介しました。

技術ワークショップ

5G Tokyo Bay Summit 2016の会場で開催した技術ワークシップにて、各社の技術開発の取組みをご紹介いただきました。

このページのトップへ