マルチモード受信機におけるアナログ無線部共用化技術 PDFファイルダウンロード

将来の周波数有効利用技術であるコグニティブ無線の実現に向けた検討として、1台の移動端末で任意の周波数・無線通信方式に対応可能なマルチモード受信機の実現に関する研究を行った。なお、本検討は京都大学大学院情報学研究科(田野哲准教授)との共同研究により実現した。

(PDFファイルが開きます)マルチモード受信機におけるアナログ無線部共用化技術(PDF形式:935KB)4ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ