国際ローミングSUPLによるFOMA位置情報機能の開発 —現在地確認機能— PDFファイルダウンロード

ドコモは、国内においては、GPS とFOMA ネットワーク機能を組み合わせたA-GPS 測位機能をすでに提供しているが、海外においては、国際ローミングアウト時に国内と同様の位置情報機能を提供できていなかった。そこで、海外においてもA-GPS 測位を可能とする測位方式としてSUPL 機能を開発した。これにより、国際ローミング中における位置情報サービスとして、現在地確認機能の提供が可能となった。

(PDFファイルが開きます)国際ローミングSUPLによるFOMA位置情報機能の開発 —現在地確認機能—(PDF形式:3,4MB)5ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ