携帯端末用無線回路のマルチバンド化検討 PDFファイルダウンロード

LTE用を中心に新しい周波数帯が世界各地で利用されつつある。周波数帯それぞれに無線回路を備える従来の方法では無線回路部の肥大化、高コスト化が懸念されるため、1つの回路でさまざまな周波数帯に対応する無線回路の研究を進めている。本稿では無線回路を構成するキーデバイスであるフィルタとアイソレータについて、その周波数特性を適応的に可変できる構成を提案する。試作した各デバイスの特性を示すとともに、今後の研究課題について述べる。

(PDFファイルが開きます)携帯端末用無線回路のマルチバンド化検討(PDF形式:1.08MB)6ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ