デジタル移動通信システム 3.無線回線制御技術 PDFファイルダウンロード

デジタル移動通信方式では、いくつかの新しい無線回線制御技術を採用している。無線区間信号方式は、機能拡張性、汎用性の確保のため、階層化構造とし、制御チャネル構成もアナログ方式とは異なる構成を採っている。また、マイクロセル化への対応を考慮し、モバイルアシステッドハンドオフ、多層エリア構成位置登録方式などの各種制御方式の採用を、セキュリティ対策として移動機の認証手順、秘匿機能の強化を図っている。

(PDFファイルが開きます)デジタル移動通信システム/3. 無線回線制御技術(PDF形式:1.1MB)4ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ