移動通信の基盤技術(その1) 3.セル構成技術の進展〜マイクロセル化に向けて〜 PDFファイルダウンロード

我が国の自動車・携帯電話方式は、限られた周波数資源を利用しつつ、導入後13年を経て180万を超えて利用されるに至った。この発展には、セル構成および関連する無線回線制御技術が大きな役割を果たした。本サービスの黎明期から発展期にかけて、これらの技術がどのように進歩してきたかを整理するとともに、今後のマイクロセル化の技術動向を予測する。

(PDFファイルが開きます)移動通信の基盤技術(その1)/3. セル構成技術の進展 —マイクロセル化に向けて—(PDF形式:2.9MB)9ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ