M2M通信コアネットワーク基盤と輻輳対策技術 PDFファイルダウンロード

今後M2M デバイスの数はさらに増加していくと予測されており、ネットワーク事業者は、それら大量のデバイスを収容するにあたり高い信頼性を提供していく必要がある。3GPPではM2Mを収容するコアネットワークアーキテクチャに加え、大量のM2M デバイスによる輻輳に対応するための技術やM2M の特性を活かした信号削減技術などが規定された。本稿では、それらのM2M 最新技術について解説する。

(PDFファイルが開きます)M2M通信コアネットワーク基盤と輻輳対策技術(PDF形式:707.54KB)5ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ