把持特徴を利用したユーザインタフェースの開発 ─Grip UI─ PDFファイルダウンロード

近年、タッチパネルによるユーザインタフェースの普及により、画面と端末の大型化が進み操作性低下が指摘されるケースが増えている。そこで、「スマートフォンを持つ」という当り前の動作に着目し、各ユーザにとって自然な握り方を認識し、使いやすく片手操作時の利便性を向上させる新しいUI を試作開発した。本稿では、基本コンセプトおよび機能実装手法について解説する。

(PDFファイルが開きます)把持特徴を利用したユーザインタフェースの開発 ─Grip UI─(PDF形式:1.13MB)7ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ