ドコモネットワークにおける仮想化基盤システムの実用化

ドコモネットワークにおける仮想化基盤システムの実用化 PDFファイルダウンロード

NFV ISGは通信用APLをクラウド上で動作させるコンセプトを提唱し、これを契機として世界的に議論が活発化している。NFVを実現するために解決しなければならない課題として、①リソース共有によるAPL処理性能劣化、②クラウド上で動作するアプリケーションの耐障害性を維持する手法の確立、③障害発生時の物理・仮想レイヤの切分けの複雑化などが挙げられる。本稿では、これらの課題を解決し、実用化された仮想化基盤システムについて解説する。

PDF「ドコモネットワークにおける仮想化基盤システムの実用化」(PDF形式:1,710KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ