なりすましを検知する遠隔試験不正防止システムの開発

なりすましを検知する遠隔試験不正防止システムの開発
PDFファイルダウンロード

自宅などで試験を受けることができる遠隔試験においては、なりすましなどの不正行為を防止することが重要になる。試験監督者が遠隔から受験者をカメラで監視する方法は、作業効率の面で課題がある。そこで、顔認証技術を応用して試験中のなりすましを自動検知し、監督者を支援する遠隔試験不正防止システムを開発した。これにより、監督作業の効率化が可能となる。

PDF「なりすましを検知する遠隔試験不正防止システムの開発」(PDF形式:1MB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ