GSMA eSIM仕様に準拠したLPAアプリケーションの開発

ドコモは、2017年にコンシューマ向けeSIM対応端末を国内ではじめて開発・導入した。今後、eSIM対応端末のラインナップを拡充していくとともに、eSIMを活用した新たなサービスやユースケース数の拡大をめざしている。そこで、AndroidTMスマートフォン上で汎用的に動作するLPAアプリケーションを開発し、2018年以降発売の端末に搭載していくこととした。本稿では、今回ドコモが開発したLPAアプリケーションの仕組みについて解説する。

PDF「GSMA eSIM仕様に準拠したLPAアプリケーションの開発」(PDF形式:1,680KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ