CDC技術を用いたつながり続ける光伝送ネットワークの実現

CDC技術を用いたつながり続ける光伝送ネットワークの実現
PDFファイルダウンロード

昨今激甚化している自然災害に起因する光伝送路断により、大規模な通信サービスの障害発生、および復旧に時間がかかることが問題となっている。その解決策の1つとして考えられるのは、光伝送路の多ルート化装置導入で、伝送路の冗長性向上、迂回経路への切替えによる復旧時間の短縮化が可能となり、つながり続ける光伝送ネットワークの実現が期待できる。本稿では、2017年よりドコモで導入を開始した多ルート化装置およびその要素技術であるCDCの概要を解説する。

PDF「CDC技術を用いたつながり続ける光伝送ネットワークの実現」(PDF形式:1,450KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ