スマートフォンログを用いたストレス・注意機能推定技術の開発

精神疾患の患者数は世界的に増加傾向にあり、メンタルヘルスの不調を未然に防ぐことが社会的な課題となっているが、精神的な健康状態を正確に把握することは困難である。そこでドコモは、スマートフォンから取得されるセンサログや位置情報、端末操作ログを基に、ユーザに過度な負担を与えることなく日々のストレス・注意機能(集中力)の2指標を推定する技術を開発した。本技術により、精神的な健康状態を可視化することが可能となり、ストレス状態への気付きを促すことでセルフケアをサポートすることが可能となった。

PDF「スマートフォンログを用いたストレス・注意機能推定技術の開発」(PDF形式:1,848KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ