5Gの高度化に向けたミリ波帯基地局連携技術による高速移動環境での通信性能向上

現在5Gでは商用サービスが提供されているが、将来の多様な需要に応じるためには、5Gのさらなる高度化が必要である。その検討の一環として、高速で移動する複数端末への広範囲でのミリ波帯高速通信の提供が考えられている。高速移動環境では、複数の基地局を連携させることによる広範囲でのエリア構築が必要である。さらに、複数端末との同時通信を実現するには、各端末に送信した信号がお互いに干渉しないように、干渉を抑圧する必要もある。そこで、デジタル信号処理でビームを生成・制御するデジタルビームフォーミングを基地局に適用することで、端末間の干渉を抑圧しながら複数の基地局を連携させるミリ波帯基地局連携技術を考案し、屋外伝送実験により広範囲において高い通信速度が実現できることを明らかにした。

PDF5Gの高度化に向けたミリ波帯基地局連携技術による高速移動環境での通信性能向上(PDF形式:2,533KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ