レイトレース法を用いた屋内エリア推定システム IMAP(Indoor Micro cell Area Prediction system)の開発 PDFファイルダウンロード

コードレス電話などの移動通信方式においては、基地局を屋内に設置した場合のサービスエリアを把握することは非常に重要である。しかし、屋内では壁、パーティションなどが渾然とし、伝搬推定式を精度良く作成することは困難であった。そこで、送受信間の幾何学なレイトレースを求めるだけで比較的容易に電界強度が推定できる屋内エリア推定システムを開発したので、その概要について述べる。

(PDFファイルが開きます)レイトレース法を用いた屋内エリア推定システム/IMAP(Indoor Micro cell Area Prediction system)の開発(PDF形式:2MB)7ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ