セルラー移動通信における無線チャネル配置システム PDFファイルダウンロード

セルラー移動通信方式では有限の周波数資源を効率良く利用するために周波数(無線チャネル)を繰返し再使用している。このセルラー方式において一定の通信品質を保ちつつ、基地局ごとに無線チャネルを効率良く割当てる作業は一般にチャネル配置(またはチャネル割当て)と呼ばれ、セル設計における基本作業の一つである。昨今のように基地局数が多くなるとチャネル配置そのものが複雑となり、特に短時間でその最適化を図ることは非常に困難となっていた。そこで、チャネル配置を大幅に簡易化できるチャネル配置システムを開発したので、その概略について述べる。

(PDFファイルが開きます)セルラー移動通信における無線チャネル配置システム(PDF形式:3.1MB)10ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ