マイクロBSによる低トラヒックエリアへの展開 PDFファイルダウンロード

デジタル移動通信において、ビル内や地下街などの電波の届かない場所や、郊外の非常にトラヒックの少ない場所にサービスエリアを展開するために、基地局からの信号を専用線を通して転送し、小規模な無線エリアを経済的に構成するための装置を開発した。本稿では、マイクロBSを使用するシステムや装置の構成について述べる。

(PDFファイルが開きます)マイクロBSによる低トラヒックエリアへの展開(PDF形式:1.4MB)12ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ