広帯域DS-CDMA方式におけるダイナミック遅延プロファイルモデル PDFファイルダウンロード

広帯域DS‐CDMA移動通信方式は、マルチパスを分離してRAKE受信できることから通信品質の向上が図れる。そのため、DS‐CDMA方式を設計するには分離可能なパス特性の解明が不可欠である。本稿では移動局の走行に伴うパスの動的な変動特性を模擬できるダイナミックパスモデルを提案し、その推定法を明らかにする。また、この推定法に基づいて開発したダイナミックパス生成ソフトウェアの概要についても述べる。

(PDFファイルが開きます)広帯域DS-CDMA方式におけるダイナミック遅延プロファイルモデル(PDF形式:2.4MB)8ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ