IMT-2000標準化の状況 PDFファイルダウンロード

西暦2000年頃の商用化を目指したIMT‐2000移動通信方式は、ITU‐R(国際電気通信連合無線通信セクタ)のTG8/1(Task Group 8/1)において、その標準化作業が進められている。特に、無線インタフェースに関する検討については、世界中の注目を集めている。今回、ブラジルで開催されたITU‐Rの第16回会合で、無線インタフェース主要諸元が勧告草案として承認された。本稿では、これまでのTG8/1における標準化の活動経緯とともに、ブラジル会合の主要結果について概説する。

(PDFファイルが開きます)IMT-2000標準化の状況(PDF形式:760KB)3ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ