広帯域移動伝搬 その1 狭帯域伝搬から広帯域伝搬へ PDFファイルダウンロード

移動通信でもマルチメディアに対応するため伝送速度が数十kbit/s程度の低速・狭帯域伝送方式から数十Mbit/s程度の高速・広帯域伝送方式へと進展しています。高速・広帯域伝送を実現するには、広帯域伝搬、すなわち、電波の強さ(電界強度)のみならず、伝搬遅延特性が重要な設計パラメータとなります。そこで伝搬遅延特性が高速・広帯域伝送に及ぼす影響について解説します。

(PDFファイルが開きます)広帯域移動伝搬 その1 狭帯域伝搬から広帯域伝搬へ(PDF形式:2.4MB)9ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ