リンク系システム特集 新しい22GHz帯無線エントランス方式の実用化 PDFファイルダウンロード

移動通信サービス需要の急増に伴い、全国で多くの無線基地局が建設されている。このため、無線基地局と移動加入者交換機、または接続ノード局を結ぶ、基地局エントランス伝送路にも経済性・信頼性が要求されている。これらの要望に対応して、(現用+予備)システム構成を具備した経済的な22GHz帯無線エントランス方式(22G‐6MD)の実用化を行った。本稿では、既存22G‐6M方式との相違点および新装置の概要を紹介する。

(PDFファイルが開きます)リンク系システム特集 新しい22GHz帯無線エントランス方式の実用化(PDF形式:1.3MB)5ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ