オペレーションシステム特集 ドコモにおけるオペレーションシステムの開発動向 —ネットワークの効率的運用、サービス品質の向上に向けて— PDFファイルダウンロード

移動通信ネットワークは、携帯電話の急速な普及、サービスの多様化に伴い大規模化、かつ複雑化してきている。オペレーションシステム(OPS)はこれらの急激な変化とあいまって、ネットワークの効率的な運用、通信品質の向上、お客様サービスの向上の観点から、その重要性が増大してきている。 一方、移動通信のマルチメディア化やグローバル化を目指してIMT-2000の検討が進められており、そのOPSの動向に関心が高まってきている。 本稿では、ドコモのOPSの現状と課題、OPS高度化に向けた基本的な考え方、アーキテクチャ、進め方について述べる。

(PDFファイルが開きます)オペレーションシステム特集/ドコモにおけるオペレーションシステムの開発動向 —ネットワークの効率的運用、サービス品質の向上に向けて—(PDF形式:60KB)4ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ