IPv6インターネット接続機能

IPv6とは

IPv4の後継となる次世代のインターネット・プロトコルです。
IPv4と比較してアドレスが128ビットに拡張されていることから、膨大な数のアドレス付与が可能となり、IPv6では数的に地球上のあらゆる物をインターネットへ接続できるようになります。
IPv6インターネット接続を利用することにより、IPv6に対応したサービス(Webサイトの閲覧、動画配信サービスの視聴 など)のトラフィックを、従来のIPv4とは異なるIPv6のネットワークに流す事で、快適にインターネットをご利用になれる場合があります。
IPv6インターネット接続には従来方式(PPPoE方式)と新方式(IPoE方式)を用いた以下3つの通信方式があり、プロバイダ毎に推奨している通信方式が異なります。

PPPoE IPv6通信

インターネット接続に必要な情報(認証ID・パスワード)を用いてIPv6インターネット接続を行う従来の接続方式です。

PPPoE IPv6通信の図PPPoE IPv6通信の図

IPoE IPv6通信

新方式(IPoE方式)によりIPv6のWebサイトなどの閲覧において、快適にインターネットをご利用いただける接続方式となります。

IPoE IPv6通信の図IPoE IPv6通信の図
注意1
  1. IPv4のWebサイトなどの閲覧においては、PPPoE方式となるため、認証ID・パスワードの設定が必要となります。

IPoE IPv4 over IPv6通信

新方式(IPoE方式)によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式です。

IPoE IPv4 over IPv6通信の図IPoE IPv4 over IPv6通信の図

プロバイダ毎の推奨方式、プロバイダへの申込要否、必要となる対応機器については、「PDFドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況」よりご確認ください。
なお、IPv6インターネット接続に関する詳細は各プロバイダにお問い合わせください。

IPv6のご利用にあたっての注意事項

  • プロバイダが提供する「PPPoE IPv6通信」「IPoE IPv6通信」をご利用される場合、お客さまがご利用の情報機器(パソコンなど)がIPv6アドレスに対応している必要があります。
  • プロバイダが提供する「IPoE IPv6通信」「IPoE IPv4 over IPv6通信」をご利用される場合、NTT東西が無料で提供する「フレッツv6オプション」のご契約が必要です。

    <NTT東日本エリアのお客さま>
    「ドコモ光」のご利用開始とあわせてご提供しております。
    • 個別のお申込みは不要です。

    <NTT西日本エリアのお客さま>
    プロバイダがお客さまの代理人となりNTT西日本へ申込むか、お客さまから直接のお申込みが可能です(お客さまから直接お申込みいただく際は工事料が発生する場合があります)。

  • プロバイダが提供するIPv6インターネット接続のご利用を希望される場合、お客さまがご利用のドコモ光電話対応ルーターやホームゲートウェイによってはご利用になれない場合があります。
    なお、NTT東日本エリアのお客さまは、対応機器へ交換(有料)することも可能ですので、ドコモ光サービスセンターへお申込みください。
  • 上記各項目に関する詳細については各プロバイダにお問い合わせください。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ