不正アプリの削除方法

AndroidTM機種でフィッシングサイトにアクセスすると、アプリのインストールを促されるケースがあります。
不正なアプリをインストールすると、知らない間に自身のスマートフォンからフィッシングSMSを大量送信したり、機種内の情報を抜き取られたりする被害が発生します。

こんな症状は要注意

アプリをインストールした覚えがない場合も、下記の症状がある場合は、念のため不正アプリをインストールした場合の対処を実施ください。

  • 身に覚えのないSMS通信料が発生している
  • 知らない番号からの着信が増えた
  • SMSが大量に届く
  • SMSが送信できなくなった
  • 銀行への不正アクセスなどの通知が頻繁に表示される
  • 勝手にサイレントモードになる
  • 携帯料金がいつもより高い
  • 電池の持ちが悪くなった

不正アプリをインストールした場合の対処

1. あんしんセキュリティを起動し、セキュリティスキャン(無料)を実施・検出された不審なアプリを削除

詳しくは、以下をご参照ください。

PDF不正なアプリの削除方法(PDF形式:645KB)

  • ウイルス定義ファイルが古い場合は、更新後に実施してください。

2. 提供元不明のアプリインストール許可設定をOFF

(AndroidTM 8.0未満をご利用の場合)
「設定」の「セキュリティ」で「提供元不明のアプリのインストールを許可する」で、「許可しない(無効にする)」を選択

端末の設定を開き、「ロック画面とセキュリティ」※1をタップ→「提供元不明のアプリ」が有効になっている場合、タップ※2→「提供元不明のアプリ」が無効となっていることを確認
  1. 機種によっては「セキュリティ」と表示される場合があります。
  2. 機種によっては「情報セキュリティ」という項目をタップしないと、提供元不明のアプリの設定が表示されない場合があります。

(AndroidTM 8.0以降をご利用の場合)
「設定」の「アプリ情報」から「Chrome」アプリを選定し、「不明なアプリのインストール」で、「許可しない(無効にする)」を選択

端末の設定を開き、「アプリと通知」をタップ→「アプリ情報」をタップ→「Chrome」アプリをタップ
不明なアプリのインストールが「許可」の場合、タップ※「許可しない」の場合、以降の操作は不要です→「この提供元を許可する」をタップ→設定が無効になったことを確認

3. 各種アカウントを確認

不正なアプリが見つかった場合、念のため、dアカウントや最近利用した決済系サービス、SNSなどのパスワードを変更し、ご利用のアカウントに身に覚えのない機種や電話番号などが登録されていないかをご確認ください。

dアカウントの場合の確認項目

  • dアカウント利用履歴
  • 2段階認証の設定 > 信頼機種一覧
  • パスワード無効化設定 > 信頼済みブラウザ
  • 会員情報の確認・変更
    • 基本情報(連絡先電話番号・メールアドレス)
    • 配送先情報(お届け先リスト)
  • 連携サービスの確認

別ウインドウが開きますdアカウント管理

4. キャリア決済などの購入履歴・請求を確認

不正なアプリが見つかった場合、念のため、不正決済が行われていないか、ご確認ください。

別ウインドウが開きますd払いご利用明細

別ウインドウが開きますドコモご利用料金の確認


  • 「Android」は、Google LLC の商標または登録商標です。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ