災害時に知っておきたいこと

災害発生時に、家族や友人の安否確認などの役立つサービスの活用方法や、いざというときに知っておくと便利なこと、災害時だけでなく普段もご利用可能なサービスをご紹介します。

画像:災害発生後に家族との連絡が取り合えた様子。画像:災害発生後に家族との連絡が取り合えた様子。

災害時に役立つサービス

いつ起こるかわからない災害発生時にも大切な人と連絡を取り合えるようにするためのサービスなどをご紹介します。

災害用伝言板:ご自身の安否情報を文字で登録でき、登録された安否情報は携帯電話やパソコンからご確認になれます。
災害用音声お届けサービス:ご自身の安否情報を音声メッセージで登録し、登録した安否情報は携帯電話番号で指定したお客さまあてにお届けいたします。
緊急速報「エリアメール」:緊急地震速報や津波警報、気象等に関する特別警報などの情報を通知します。
災害用キット:災害用伝言板と災害用音声お届けサービス、緊急速報「エリアメール」をご利用いただくためのスマートフォン専用のアプリです。
復旧エリアマップ:災害時、携帯電話がご利用になれない、またはご利用しづらい状況が発生した場合、そのエリアの情報および復旧状況を「復旧エリアマップ」にて公開します。

災害時に知っておくと便利なこと

大規模災害のときにドコモが行っている支援措置や、災害に関する情報が得られない場合などに役立つ情報をご紹介します。

災害に関する情報が得られない場合:携帯電話に備わっているテレビ機能やラジオアプリなどを使って情報を得ることができます。
電車などが止まって帰れない場合:大規模災害発生時に公共交通機関の運行が停止するなどの理由により、徒歩での帰宅を余儀なくされた方々に対する支援場所として、全国の一部自社ビルを開放いたします。
通話・データ通信ができなくなった場合:被災エリアのdocomo Wi-Fiを含む各所Wi-FiスポットのWi-Fiが「00000JAPAN」というIDでパスワードなしで利用できます。通話・データ通信ができなくなった場合:被災エリアのdocomo Wi-Fiを含む各所Wi-FiスポットのWi-Fiが「00000JAPAN」というIDでパスワードなしで利用できます。
緊急通報発信時に、発信された場所を自動通知:携帯電話からの緊急通報(110番、118番、119番)を発信した際、通話が接続された緊急通報受理機関に対して、発信された場所に関する情報を自動的に通知します。
災害救助法適用地域への支援措置:災害救助法が適用されている地域の方向けに、付属品の無償提供、料金支払い期限の延期、一部手数料無料化、データ通信の速度制限解除などの支援措置を行います。
スマートフォンはこんな使い方も:災害時、声が出せない状況のときは、スマートフォンから出る音を利用して自分の居場所を知らせることができます。(アラーム音、着信音など)。光がないときには懐中電灯のかわりになります。(画面の明るさ、ライト機能、カメラのフラッシュなど)
※1
  1. 「00000JAPAN」は、大規模災害や深刻な災害などの緊急時に、被災地で誰でも使えるという利便性を確保するため、通信の暗号化等セキュリティへの対応は行っていません。
    「00000JAPAN」のご利用は、緊急時の安否確認や情報収集にとどめるとともに、やむを得ずIDやパスワード等個人情報の入力、金融系のサービス等他の用途でご利用の場合は、HTTPSやVPN等自らセキュリティ対策を行っていただくことをおすすめします。

今すぐにできるそなえ

もしものときのそなえとして「防災ハンドブック」や、スマートフォンやタブレットのデータをバックアップする方法などをご紹介します。

まずはじめにお読みください:「防災ハンドブック」は災害発生時の行動や、大切な人の安否確認方法(災害用伝言板、災害用音声お届けサービス)などを紹介しています。
スマートフォンやケータイが壊れたりなくなった時にそなえて:データのバックアップを取っておけば、ケータイが壊れたりなくなったりした場合でもデータの復旧が可能です。

いつでも使える便利なサービス

災害時だけでなく、普段も活用できる、知っておくと便利なサービスをご紹介します。

電池がなくなった時:最寄りのドコモショップで充電サービスを提供しています。その他避難所などでも無料充電サービスを提供します。
電池が無くなりそうな時:非常用節電機能を使って、消費電力を抑えることができます。
大切な人を遠くからでも見守れるイマドコサーチ:大切な人が遠くにいても、イマドコサーチを使えば、いつでも居場所を探せて、見守ることができます。
電話番号でメッセージをやりとり:+メッセージを使って、長文や写真、位置情報などの送受信が、携帯3社のお客さま間でできます。

ドコモショップへの蓄電池や太陽光発電システムの設置

広域かつ長時間の停電への備えとして、ドコモショップの電力環境を強化し、災害時にもお客さまへ継続的な携帯電話充電サービスを提供します。

蓄電池

画像:蓄電池のイメージ

停電時でも2日間無料充電サービス提供可能

  • 2018年度全店舗設置予定

太陽光発電システム

画像:太陽光発電システムのイメージ

蓄電池と連携した電力環境を更に強化

  • 2019年1月より順次設置予定
    目標:約1,000店舗

車載インバーター

画像:車載インバーターのイメージ

自動車があれば、無料充電サービス提供可能

  • 2018年度全店舗設置予定
このページのトップへ