FOMAユビキタスモジュール「FOMA UM01-HW」を開発

<2010年5月10日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、様々な機器に組み込んでFOMA®パケット通信や音声通話などをご利用いただけるFOMAユビキタスモジュール®「FOMA UM01-HW」を開発いたしました。

これまでドコモは、様々な分野においてマシンコム市場の拡大を図ってまいりました。現在、FOMAユビキタスモジュールは、ガス・電力などの遠隔検針、タクシー・バスなどの運行管理、情報掲示システムへの動画・コンテンツ配信、自動販売機の在庫管理など、身近なところでご利用されております。

今回、開発している「FOMA UM01-HW」は、従来のパケット通信機能に加え、新たに音声通話やSMS(ショートメッセージサービス)、国際ローミング機能をドコモのユビキタスモジュールとして初めて対応いたしました。これら高機能化を図ることで、マシンコム市場の更なる活性化を図ってまいります。

また、本製品を「第13回 組込みシステム開発技術展(2010年5月12日〜14日)」にて、マシンコム市場におけるドコモの製品・ソリューションとともにご紹介いたします。

【「FOMA UM01-HW」の主な特長】
以下の機能を、ドコモのユビキタスモジュールとして初めて対応いたしました。

  1. 音声通話/SMS機能への対応

    従来のパケット通信機能に加えて、音声通話・SMS機能に対応しました。緊急時に音声利用される自動販売機やSMSによる少量のテキスト送受信による情報掲示システムなど、パケット通信機能のみでは実現できなかった利用シーンへの対応が可能となります。

  2. 国際ローミング機能への対応

    組み込み製品を海外でも利用したいというニーズに対応が可能となります。

発売予定 : 2010年度 第2四半期予定

「組込みシステム開発技術展(第13回)」への出展に関して

  1. 会期

    2010年5月12日(水曜)〜14日(金曜)

  2. 会場

    東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
    ドコモブース : 東5ホール 東31-31

  3. 出展概要

    マシンコム市場におけるドコモのユビキタスモジュールを用いた製品・ソリューションのご紹介を行います。
    組込みシステム開発技術展サイト : (別ウインドウが開きます)http://www.esec.jp/

FOMAユビキタスモジュール「FOMA UM01-HW」の概要(予定)

主な仕様注意1

対応サービス FOMAパケット通信
FOMA音声通話
SMS(ショートメッセージサービス)
無線周波数帯 [3G]2,100MHz/850MHz/800MHz
[GSM]1,900MHz/1,800MHz/900MHz/850MHz
データ通信速度 [上り]最大64kbps
[下り]最大384kbps
シリアル伝送速度 [シリアルインターフェース(UART)]最大230,400bps
[USBインターフェース]USB2.0 Fullspeed対応
サイズ 幅 約45.0mm×奥行き 約31.0mm×厚さ 約5.4mm
質量 約11グラム
外部インタフェース
  • 60ピン B2Bコネクタ(通信シリアルIF(UART/USB)、モニタIF、FOMAカードIF)
  • TRX RFコネクタ【U.FL】(RF IF)
搭載機能
  • 国際ローミング機能
  • ソフトウェア更新機能
  • ソケット通信機能注意2

発売予定

2010年度 第2四半期

商品の外観

FOMA UM01-HWの正面写真FOMA UM01-HWの裏面写真

  • 注意1 仕様は、開発中のため変更になる場合があります。
  • 注意2 ATコマンドを使用。
  • 注意「FOMA/フォーマ」「FOMAユビキタスモジュール」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ