「DOCOPY」を用いたアドレス変更通知機能での課金誤りに伴う料金返還について

<2010年9月9日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、全国のドコモショップなどに設置している電話帳などのバックアップ用機器「DOCOPY(ドコピー)」の機能を用いて携帯電話のメールアドレスの変更をお知らせする通知メールが送信された際、アドレス変更の通知メールを受信した一部のお客様に課金誤りがあったことが判明しましたので、料金を返還させていただきます。

ご利用のお客様には、ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

「DOCOPY」を用いたアドレス変更通知機能での課金誤りに伴う料金返還についての概要

事象概要

バックアップ用機器「DOCOPY(ドコピー)」の機能を利用し、携帯電話のメールアドレスの変更をお知らせする通知メールが送信された際、同一ファミリー割引、または、同一オフィス割引グループ内の回線から受信するアドレス変更通知メールは、本来、パケット通信料は無料となりますが、一部のお客様に誤って課金されていました。該当のお客様に対しましては、当該アドレス変更通知メールの受信にかかるパケット通信料相当額を返還させていただきます。
なお、本事象は、2010年7月13日(火曜)午後11時39分に解消しております。

事象発生期間

2007年5月25日(金曜)〜2010年7月13日(火曜)

事象発生原因

システム設定の誤り

料金返還対象のお客様

上記の事象発生期間内に、「DOCOPY(ドコピー)」を利用したアドレス変更通知メールを、同一ファミリー割引、又は、同一オフィス割引グループ内の回線契約者から「受信」したお客様の一部注意1注意2

返還対象件数と返還対象額

想定対象者数(合計) : 406名(想定)
《内訳》
本事象の対象と特定できたお客様 : 46名
本事象の対象と特定はできないが可能性のあるお客様 : 360名(想定)
想定返還金額(総額) : 2,526円(想定)注意3
《内訳》
本事象の対象と特定できたお客様に対する返還金額 : 126円
本事象の対象と特定はできないが可能性のあるお客様に対する返還金額 : 2,400円(想定)

お客様対応および料金返還の実施について

  1. 本事象の対象と特定できたお客様について

    2010年4月1日(木曜)から2010年7月13日(火曜)までの間は、ドコモにて保存しているご利用記録に基づき本事象の対象となるお客様を特定できたため、2010年9月請求分(8月利用分)のご請求金額から対象となるパケット通信料相当額を差し引くことにより、該当の通信料金を返還させていただきますとともに、請求書のお知らせ欄にてご案内させていただきます。なお、既にドコモの携帯電話を解約されているお客様については、ドコモより個別に返還方法をご案内させていただきます。

  2. 本事象の対象と特定できなかったお客様について

    2007年5月25日(金曜)から2010年3月31日(水曜)までの間は、お客様のご利用記録が保存されていないため、お客様から以下のお問い合わせ先にご申告いただいた上で、送受信双方のお客様の契約状況などを確認させていただき、対象の可能性があると確認できた場合は、該当のパケット通信料相当額を返還させていただきます。お心あたりの方は、以下までご連絡いただきますようお願い申し上げます。確認でき次第、翌月以降のご請求金額から対象となるパケット通信料相当額を差し引くことで返還させていただきます。

お客様からのお問い合わせ先

ドコモ インフォメーションセンター
【電話番号】
  • ドコモの携帯からの場合 … (局番なし)151
  • 一般電話からの場合注意4 … 0120-800-000
【受付時間】 午前9時〜午後8時

お客様には、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
今後は、サービスの向上にむけ努めてまいりますので、引き続きご愛顧いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 注意1 上記条件を満たす場合でも、本事象の対象には含まれず、料金返還の対象外となる場合があります。
  • 注意2 「DOCOPY(ドコピー)」を利用してアドレス変更通知メールを送信する際には通信料金が発生しませんので、該当のメールを送信されたお客様は料金返還の対象ではございません。
  • 注意3 アドレス変更通知メールの受信料は、1通あたり約3.6円。
  • 注意4 携帯電話からもご利用いただけます。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ