iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

ドコモとシマンテックがノートパソコン向け情報漏洩対策ソリューションを共同開発

<2011年2月10日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
シマンテック・コーポレーション

NTTドコモ(以下ドコモ)とシマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation、本社:米国カリフォルニア州、社長兼CEO:エンリケ・セーラム、以下シマンテック)は、ノートパソコン向けに情報漏洩対策ソリューションを共同で開発することに合意しました。
今後両社は、2011年度第2四半期のドコモによる情報漏洩対策ソリューションの提供開始を目指し、開発を進めてまいります。

本ソリューションは、ドコモのFOMA®ネットワークを通じて、遠隔でノートパソコンの起動をロックしたり、ノートパソコンのハードディスク内のデータを無効化することで、ノートパソコンの紛失・盗難などによる情報漏洩を防止するソリューションです。
具体的には、パソコンの起動をロックし、暗号化されたハードディスクへのアクセスを無効化する「インテル® アンチセフト・テクノロジー」に対応したノートパソコンに対し、シマンテックのハードディスク暗号化、およびデータへのアクセスを遠隔から制御するソフトウェアである「PGP® Whole Disk Encryption with Remote Disable & Destroy」とドコモのFOMAネットワークが連携し、SMSメッセージを送信することで、ノートパソコンの起動ロックおよびハードディスク内のデータへのアクセスを無効化いたします。
また本ソリューションのSMSメッセージはローミングにより海外へ送信することもできるので、日本国内だけでなく海外での紛失・盗難対策にもご利用いただけます。

SMSメッセージを受信する通信モジュールは、エリクソン社製の3G対応通信モジュール(エリクソンモバイルブロードバンドモジュールF5521gw)を予定しており、ノートパソコンの電源が入っていない状態でも遠隔で無効化することが可能です。また本モジュールを搭載し、「インテルアンチセフト・テクノロジー」に対応したノートパソコンであれば、パソコンメーカーに関わらずご利用が可能です。

ノートパソコンを社外へ持ち出し、業務の効率化と生産性の向上が求められる一方、ノートパソコンの紛失や盗難による機密情報の漏洩リスクにより、多くの企業がノートパソコンの社外への持ち出しを禁じている現状があります。ドコモとシマンテックは、本ソリューションの開発により、ノートパソコンの盗難・紛失時の情報漏洩を防止しつつ、ノートパソコンの社外利用による企業の業務効率化と生産性の向上に貢献いたします。

なお、2011年2月14日(月曜)から17日(木曜)にスペイン・バルセロナで開催される「GSMA Mobile World Congress 2011」ドコモブースにおいて、実際に本サービスをご体験いただける展示を実施いたします。

参考

「インテル アンチセフト・テクノロジー」

パソコンの紛失や盗難を検出し、パソコンを無効化するハードウェアベースのテクノロジーです。パソコンの盗難、紛失時にプラットフォームと格納されたデータを無効化します。また、盗難の検出、プラットフォームとデータの元の状態への簡単な復元など、ハードウェアレベルでの保護を提供します。

「PGP Whole Disk Encryption with Remote Disable & Destroy」

シマンテックが2010年6月に買収したPGPコーポレーションの、市場をリードする暗号化製品、および技術。デスクトップパソコン、およびノートパソコンのハードディスク全体を暗号化し、全てのデータを保護するためのハイパフォーマンスなディスク全体暗号化ソリューションです。暗号化されたデータは不正なアクセスから保護されるため、知的財産、顧客データなどの機密情報のセキュリティを強化できます。
更に、パソコンの盗難・紛失時にハードウェアおよびデータへのアクセスを無効化するための仕組みである、インテル アンチセフト・テクノロジーによるハードウェア保護機能を組み合わせることにより、より優れたデータ保護を実現します。一定期間サーバーへのアクセスが行われなかった場合に、タイマーによりシステムを無効化できるほか、パソコンの盗難・紛失が発覚した場合に、サーバーからの遠隔制御によりシステムを無効化できます。システムが回収された場合は、サーバー管理者は数分でシステムを復旧できます。

賛同コメント

本発表にあたり、下記各社様よりご賛同をいただいております。

インテル コーポレーション

「インテルは、世界規模のモバイル・ブロードバンドとインテル アンチセフト・テクノロジー対応の強力な暗号化ソフトウェアの組み合わせによる、企業のデータと資産保護に向けた強固なセキュリティー・サービスの発表を歓迎します。もっとも貴重な企業資産である「情報」を守る本ソリューションにより、NTTドコモ様は、企業資産保護サービスにおけるリーダーシップを発揮されるでしょう。」
インテル コーポレーション PCクライアント・サービス事業部長 ジョージ・タンガデュライ

エリクソン

「エリクソンモバイルブロードバンドモジュールF5521gwは、インテル アンチセフト・テクノロジーに対応できる唯一の高性能通信モジュールであります。(2011年2月10日時点)ドコモ様、シマンテック様が、共同開発されるノートパソコン向け情報漏洩対策ソリューションに、エリクソンの技術が貢献できる事を非常に光栄に思います。」
エリクソン モバイルブロードバンド・モジュール ヴァイスプレジデント マッツ・ノーリン

  • 注意「インテル」は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。
  • 注意Symantec、Symantecロゴは、Symantec Corporationまたは関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • 注意「PGP」は、Symantec Corporationの商標です。
  • 注意「FOMA/フォーマ」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ