iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

小型のマルチバンド電力増幅器を開発

<2011年5月20日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、携帯電話機を大型化することなく、複数の周波数帯に対応させるため、1.5GHz帯から2.5GHz帯までの6つの周波数帯に対応した小型のマルチバンド電力増幅器注意1 の試作機を開発しました。

現在、携帯電話機は複数の周波数帯に対応するため、それぞれの周波数帯に対応するシングルバンドの電力増幅器を複数搭載しております。今後、日本で使用される1.5GHz帯の周波数帯への対応や国際ローミング対応に必要な周波数帯が増加すると、電力増幅器の搭載数も増加が見込まれることから、ドコモでは小型のマルチバンド増幅器の開発に取り組んでまいりました。

本装置は、ドコモのマルチバンド増幅器の試作機注意2 をルネサス エレクトロニクス株式会社の協力のもと、8.05mm×6.2mmと実用化が見込まれる大きさにまで小型化したものです。本装置が実用化されれば、1.5GHz帯から2.5GHz帯までの周波数帯における信号の増幅を1つの電力増幅器で行うことから、携帯電話機の大型化を抑制することができます。
また、本装置はLTE、W-CDMA、GSMなどの各通信方式の条件を満たしつつ信号を増幅できるため、1.5GHz帯以上の周波数帯を利用する国内外のほぼ全ての携帯電話サービス用の電力増幅器として、本装置のみで対応することができます。

なお、本装置は2011年5月25日から27日にかけて東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2011」のドコモブースにて展示いたします。

ドコモは、モバイルを核とした「総合サービス企業」を目指し、今後も携帯電話の機能向上につながる研究開発に取り組んでまいります。

  • 注意1 電力増幅器:
    信号を通信に必要な所定の出力電力まで増幅する電子回路。
  • 注意2 2010年1月8日報道発表。

小型マルチバンド電力増幅器のイメージ

小型マルチバンド電力増幅器の写真
本装置で電力増幅を行うことにより、入力信号の約1000倍の電力の信号が出力されます。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ