iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

中期ビジョン2015−スマートライフの実現に向けて−

<2011年11月2日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、2020年ビジョン「HEART−スマートイノベーションへの挑戦−」を実現するための確実なステップとして、2015年度に向けた取組みを「中期ビジョン2015−スマートライフの実現に向けて−」として策定しました。
今後、ドコモは、モバイルのサービス進化と、産業・サービスの融合による新たな価値創造への取組みをドコモのクラウドで加速させ、お客様の暮らしやビジネスがより安心・安全かつ便利・効率的になることにより、より充実したスマートライフの実現を目指してまいります。

2015年度に向けた取組みの概要

モバイルのサービスの進化に向けた取組み

スマートフォンを中心とした多彩なデバイスにおいて、オープンな環境のもと自由で広がりのあるサービス・コンテンツや快適な操作性の進化に取組み、お客様の更なる楽しさや便利さを追求するとともに、安心してご利用いただくためのセキュリティ環境やサポート体制を拡充させていきます。また、Xi(クロッシィ)®のエリア展開を加速するなど、お客様により安定した通信環境を提供します。
今後、スマートフォンやXiの更なる普及拡大に向けた取組みを推進することにより、2015年度には、スマートフォン契約者数:4,000万契約、Xi契約者数:3,000万契約を目指します。これによりパケット収入については、2015年度に2011年度比で約1.5倍のパケット収入を目指します。

産業・サービスの融合による新たな価値創造−モバイルを核とする総合サービス企業への挑戦−

「モバイルを核とする総合サービス企業(Integrated Service Company)」を目指し、モバイルとシナジー効果の高い事業領域において、アライアンス企業との協業により、様々な産業・サービスとモバイルとの融合を通じたイノベーションに取組み、新たな価値を創造し新しい市場の創出に挑戦します。
今後、新しい市場の創出を通じて、新たな事業領域における2015年度の収益については、2011年度比で約2.5倍の約1兆円を目指します。
なお、新たな事業領域とは、主に以下のとおりです。

「メディア・コンテンツ事業」、「金融・決済事業」、「コマース事業」、「メディカル・ヘルスケア事業」、「M2M事業」、「アグリゲーション・プラットフォーム事業」、「環境・エコロジー事業」、「安心・安全事業」など

クラウドの活用と安心・信頼に向けた取組み

サービスの進化と産業・サービスの融合の取組みを、ドコモのクラウド(「パーソナル」クラウド、「ビジネス」クラウド、ネットワーククラウド)により加速させ、暮らしやビジネスがより安心・安全で便利・効率的になることにより、より充実したスマートライフの実現を目指します。
また、ドコモグループの強みであるお客様接点でのこれまでの経験・ノウハウを活かし、モバイル領域・新たな事業領域において、お客様に安心してサービスをご利用いただくためのサポート体制を充実させていくともに、CSR活動の推進や、東日本大震災で得た教訓を活かし新たな災害対策に取り組んでいくことにより、ドコモグループ一丸となり、新たな事業領域においても、お客様の声をしっかりと受け止め、お客様に信頼していただける企業集団を目指します。

詳しくは、以下PDFのとおりです。

(PDFファイルが開きます)中期ビジョン2015〜スマートライフの実現に向けて〜 (PDF形式:2,556KB)

ドコモは、「モバイルを核とする総合サービス企業」を目指し、今後もお客様一人ひとりにベストなサービスと安心・安全を提供してまいります。

  • 注意「Xi(クロッシィ)」は、NTTドコモの登録商標です。
  • 注意本資料に記載されている、将来に関する記述を含む歴史的事実以外のすべての記述は、当社グループが現在入手している情報に基づく、現時点における予測、期待、想定、計画、認識、評価などを基礎として記載されているに過ぎません。また、予想数値を算定するためには、過去に確定し正確に認識された事実以外に、予想を行うために不可欠となる一定の前提(仮定)を用いています。これらの記述ないし事実または前提(仮定)は、客観的には不正確であったり将来実現しない可能性があります。その原因となる潜在的リスクや不確定要因はいずれも当社グループの事業、業績または財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ