iPhone X 発売中! 詳細はこちらiPhone X 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

【お詫び】2012年1月25日のFOMAの音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況について

<2012年1月26日>

2012年1月25日(水)8時26分から13時08分までの間、東京都の一部地域においてFOMAの音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況が発生しました。

お客様には、大変ご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

今回の事象の内容と原因および対策は、以下のとおりです。

1.事象の内容

(1)発生期間 : 2012年1月25日(水) 8時26分〜13時08分
(2)発生事象 : FOMAの音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況
(3)事象の原因となった設備 : パケット交換機
(4)影響地域及び影響人数
影響地域 : 東京都(葛飾区・江戸川区・江東区・港区・新宿区・千代田区・中央区・品川区・文京区・墨田区・大田区・目黒区・渋谷区・世田谷区)の一部地域
影響人数 : 最大252万人

2.発生経緯

  • スマートフォン契約者の増加に対応するために、1月25日未明より新型パケット交換機への切替を実施しました。
  • 8時26分頃からトラフィックの上昇に伴い、新型パケット交換機の動作が不安定な状態となりました。
  • 9時頃から、トラフィックがさらに上昇したため、ネットワークにおいて輻輳状態が発生し、ネットワークの自動規制により、パケットサービスおよび音声サービスが繋がりにくい状況となりました。
  • 10時56分頃から、ネットワークにおける輻輳状態を改善するために、パケット交換機を切替前の状態に戻す作業を行ない、この作業が完了した交換機配下の基地局から規制を順次解除しました。
  • 13時08分に全ての基地局の規制を解除し、回復しました。

3.発生原因

頻繁に「制御信号」を必要とするスマートフォンのアプリケーション(VoIP、チャット等)が急激に普及したことに伴い、ネットワーク上の制御信号が増加しており、そのような状況の中で、新型パケット交換機への切り替えを実施したところ、制御信号がパケット交換機の処理能力をオーバーフローしたことが原因です。

4.対策

  • 全国のパケット交換機の一斉総点検を2月中旬までに行ない、必要に応じて、速やかに設備増設を行なうなどの対策を実施いたします。
  • また、スマートフォンの増加に伴って急増している制御信号量の監視を行ない、より適切な信号量予測を設備に反映させてまいります。

(PDFファイルが開きます)2012年1月25日のFOMA音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況について (PDF形式:209KB)

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ