iPhone 7、iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED(TM) 登場iPhone 7、iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED(TM) 登場

閉じる閉じる

「災害用音声お届けサービス」を提供開始

<2012年2月23日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)は、東日本大震災の教訓に基づいて策定した「新たな災害対策」を実施しておりますが、その対策のひとつとして、災害時にパケット通信を利用して音声で安否等のメッセージを伝えることができる「災害用音声お届けサービス」を2012年3月1日(木)より提供いたします。

「災害用音声お届けサービス」は、震度6弱以上の地震等の大規模な災害が発生した場合に運用を開始するサービスです。大規模な災害発生の際に、音声通話と比べてつながりやすいパケット通信を利用し、家族や知人の方に安否等を音声のメッセージでお伝えすることができるようになります。

これまでも、災害時における安否等の確認手段として、携帯電話から文字でメッセージを入力する「災害用伝言板」を提供しておりますが、本サービスを提供することにより、文字入力の苦手な方でも音声でメッセージを録音することで簡単に家族や知人の方に安否等を音声のメッセージでお伝えすることができるようになります。

また、本サービスは、受信者には音声メッセージの到着がSMSで通知され、送信者には受信者側で音声メッセージを確認された後に取得を知らせるSMSが届くので、メッセージの送達状況を相互に確認できるようになります。

なお、本サービスの開始に伴い、お客様への周知と操作習熟等を目的として、2012年3月1日(木)から3月31日(土)まで体験サービスを実施いたします。

今後もドコモは、大規模災害時の安定的な通信確保、被災エリア等への迅速な対応、更なるお客様の利便性向上を目指して、取り組んでまいります。

本サービスの概要、体験サービスの概要、本サービスの利用手順については、別紙のとおりです。

別紙1 「災害用音声お届けサービス」の概要

1.サービス概要

音声で録音した安否等のメッセージを、災害時でもつながりやすいパケット通信を利用してお届けする災害時専用のサービスです。注意1注意2

  • 安否を伝えたい方の携帯電話番号(ドコモ)を入力すると音声でメッセージを録音できます。
  • 最大30秒のメッセージを20件まで、10日間保存可能です。注意3
  • 音声メッセージが届いた時、送ったメッセージが再生された時は、SMSでお知らせします。注意4

(参考:サービスイメージ)
イメージ画像

2.運用条件

震度6弱以上の地震等、大きな災害が発生した場合(「災害用伝言板」と同じ契機でサービスを開始する。)

(参考:お客様周知方法)
サービスが運用された場合、以下の方法でお客様周知を行います。

  • iメニューとdメニューTMのトップページへのバナー表示
  • ドコモの公式HPの「ドコモからのお知らせ」の掲載

3.運用停止条件

災害発生による音声通話のつながりにくい事象が収束し、お客様の音声通話が安定的に可能な状況になったと判断した場合

(参考:お客様周知方法)
サービスを停止する場合、事前に以下の方法でお客様周知を行います。

  • ドコモの公式HPの「ドコモからのお知らせ」の掲載

4.ご利用条件

音声メッセージの送信者・受信者ともに、FOMA®またはXi®契約者(総合プラン契約)で、iモード®、spモード®、mopera U®サービスの何れかをご契約のお客様

5.お申し込み

不要

6.ご利用料金

  • 月額使用料:無料
  • パケット通信料:無料注意5
  • SMS通信料:無料

7.ご利用可能地域

送信・受信ともに全国のFOMA、Xiサービスエリア注意6

8.対応端末

【メッセージの送信】

  • AndroidTM OS2.2以降のスマートフォン注意7
  • 2011−2012冬春モデル「docomo STYLE series」のiモード対応端末(9機種注意8

【メッセージの受信】

  • Android OS搭載のスマートフォン(一部機種注意9 を除く)
  • iモード対応端末(一部機種注意10 を除く)
  • 注意1 音声メッセージ送信者・受信者の契約内容や利用状況によっては、メッセージを録音・再生できない場合があります。
  • 注意2 ネットワークの混雑状況によっては、音声メッセージ到着までに時間がかかる場合や、音声メッセージの録音に失敗する場合があります。その際には、画面の表示内容に沿って音声メッセージを録音し直してください。
  • 注意3 20件を超えるメッセージは、古いものから順次上書きされます。なお、受信者へSMS通知をして、かつ未再生のメッセージは上書きされません。保存期間終了後は、削除されます。
  • 注意4 圏外・電源OFF時等で録音通知SMSを受信できなかった場合、保存期間内であれば通信可能な状態になった際に一括受信できます。
  • 注意5 spモード契約の方の海外での受信、及びmopera U契約の方の音声メッセージ送信・受信については、パケット通信料がかかります。
  • 注意6 国際ローミングサービス利用中は、音声メッセージの受信のみご利用いただけます。
  • 注意7 L−04C、SC−04D、タブレット端末は対象外となります。
  • 注意8 F−02D、F−04D、F−06D、F−06D Girls’、N−02D、N−03D、P−03D、SH−03D、SH−05D(2012年2月23日現在)
  • 注意9 L−06Cは対象外となります。
  • 注意10 N600i、D2101V、N2001、N2002、P2101V、P2002、SH2101V、T2101V、NM850iGは対象外となります。
  • 注意スマートフォンの場合、メッセージの送信には、「災害用キット」アプリのダウンロードが必要です。アプリのダウンロードにはパケット通信料がかかります。
  • 注意iモード対応端末の場合、メッセージの送信には、ソフトウェアの更新が必要です。
  • 注意機種によりご利用になれない場合があります。対応機種はドコモホームページでご確認いただけます。

別紙2 体験サービスの概要

1.提供日時

2012年3月1日(木)0:00〜2012年3月31日(土)23:59

(参考:上記以外の体験サービス実施日)

  • 毎月「1日」「15日」
  • 正月三が日(1月1日〜1月3日)
  • 防災週間(8月30日〜9月5日)
  • 防災とボランティア週間(1月15日〜1月21日)

2.お客様周知方法

ドコモの公式HPの「ドコモからのお知らせ」の掲載

  • 注意 「災害用伝言板」も、体験サービスを同様の日程で実施します。

別紙3−1 「災害用音声お届けサービス」の利用手順(スマートフォン)【音声メッセージの送信方法】

イメージ画像

別紙3−2 「災害用音声お届けサービス」の利用手順(スマートフォン)【音声メッセージの受信方法】

イメージ画像

別紙4−1 「災害用音声お届けサービス」の利用手順(iモード対応端末)【音声メッセージの送信方法】

イメージ画像

別紙4−2 「災害用音声お届けサービス」の利用手順(iモード対応端末)【音声メッセージの受信方法】

イメージ画像

  • 注意画面はイメージです。
  • 注意「dメニュー」「FOMA」「Xi」「iモード」「spモード」「mopera U」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
  • 注意「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ