お客様情報の一部(連絡先電話番号)流出に関するお詫び

<2012年7月31日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)の業務委託先会社の元派遣社員が、業務中に弊社の顧客情報管理システムを不正に検索し、3名のお客様の連絡先電話番号(一般加入電話番号)を社外に流出させた疑いがあることが判明いたしましたのでお知らせいたします。
また、昨日、愛知県警が当該元派遣社員を、「不正競争防止法」違反の容疑で逮捕したことを発表しております。

お客様にご迷惑とご心配をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

弊社といたしましては、今回の事態を厳粛に受け止め、捜査機関への全面的な協力を行い、全容解明に全力を尽くしてまいります。
また、ドコモは本件の発生を踏まえ、顧客情報管理システムにおける不正な検索の防止に向けた取り組みを更に強化する所存であり、既にアクセスログのチェック方法に関する対策を実施いたしました。
今後、更なる再発防止策を検討、実行し、再度このような事案が発生しないよう、お客様情報管理の徹底を図り、お客様の信頼回復に全力を挙げていく所存であります。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ