iPhone XS、iPhone XS Max 発売中!詳細はこちらiPhone XS、iPhone XS Max 発売中!詳細はこちら

閉じる閉じる

LTE対応の超小型基地局「Xiフェムトセル」を開発

-世界初 LTE/3Gの両方式に対応し、エリア拡大・品質向上の取り組みを加速-

<2012年11月16日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)は、世界で初めて注意1、LTEおよび3Gの両通信方式に対応した超小型基地局(装置名:Xiフェムトセル 以下、本基地局)を開発しました。2012年12月より、住居・店舗・オフィスなどへ設置を開始し、Xi(クロッシィ)®およびFOMA®のエリア拡大および品質向上の取り組みを加速してまいります。

今回開発した超小型基地局は「フェムトセル」と呼ばれ、本基地局を住居・店舗・オフィス等の屋内へ導入することで、半径数十メートル程度注意2 の通信エリアを構築することができます。LTEと3Gの両方式に対応し、同時運用できるため、お客様は音声通話に加え、Xi・FOMA両方のデータ通信サービスをより快適にご利用いただけます。

本基地局は、大きさが約1.45リットル(高さ18.5cm×幅17.5cm×厚さ4.5cm)、重さが約0.7kgと、小型かつ軽量です注意3。また、本基地局には、自動的に周辺環境に合わせてエリアを調整する機能(プラグ&プレイ機能)を搭載しております。
これにより、設置には、汎用ブロードバンド回線を準備するだけで、基地局の運用が可能となり、XiやFOMAのエリア拡大および品質向上の取り組みを、短期間に低コストで、機動的に行うことが可能となります。

これまで、ドコモは、屋内エリアの品質向上の目的で、FOMAに対応したフェムトセル(装置名:FOMAフェムトセル)を運用してまいりました。今後は、「Xiフェムトセル」を、これまでの基地局ラインナップに加えることで、FOMAエリアだけでなく、Xiエリアもよりきめ細かく整備することが可能となります。

今後も、ドコモは、お客様により良好な通信環境を提供してまいります。概要は、別紙のとおりです。

【外観】
超小型基地局「Xiフェムトセル」の画像

  • 注意1 2012年11月16日現在。(ドコモ調べ)
  • 注意2 エリアの大きさは、基地局の設置環境に応じて変化します。
  • 注意3 AC電源アダプタ、机上設置スタンドは除く。

別紙 LTE対応超小型基地局「Xiフェムトセル」の概要

1. スペック

  LTE対応超小型基地局
(Xiフェムトセル)
現行の超小型基地局
(FOMAフェムトセル)
対応通信方式 LTE WCDMA WCDMA
通信速度注意1
(ハードウェア能力値)
[下り]
最大112.5Mbps
[上り]
最大37.5Mbps
[下り]
最大14Mbps(HSDPA)
[上り]
最大384kbps
[下り]
最大14Mbps(HSDPA)
[上り]
最大5.7Mbps(HSUPA)
大きさ注意2 約1.45リットル
(高さ185mm×幅175mm×厚さ45mm)
約0.85リットル
(高さ180mm×幅135mm×厚さ35mm)
本体重量注意2 約0.7kg 約0.4kg
周波数帯域 2GHz 2GHz
主な機能 プラグ&プレイ機能(設置された環境に応じて自動的にエリアを調整する機能)
  • 注意1 通信速度は送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、端末の仕様、通信環境、およびネットワークの混雑状況に応じて変化します。
  • 注意2 AC電源アダプタ、机上設置スタンドは除く。
  • 注意「Xi/クロッシィ」「FOMA/フォーマ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ