iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

700MHz帯対応マルチバンド基地局アンテナの開発

-国内で初めて5つの周波数帯に対応した基地局アンテナを実用化-

<2013年2月19日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)は、700MHz帯注意1 を含む5つの周波数帯に対応した基地局アンテナを開発し、2015年1月に提供を予定している700MHz帯を利用したLTEサービス(Xi/クロッシィ®)の開始に向けて、2013年3月より順次導入注意2 します。5つの周波数帯に対応した基地局アンテナの実用化は国内で初めてです。

本アンテナは800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯の4つの周波数帯に対応した従来のマルチバンド基地局用アンテナに700MHz帯を追加したものです。従来アンテナと同じ大きさに小型化ができたため、アンテナの設置空間が限られる基地局での導入が容易になります。今回のアンテナの開発により、急増するパケットトラフィックの対策並びに高速モバイルブロードバンド普及に活用する700MHz帯のLTEサービスの導入を促進します。

アンテナのマルチバンド化は、アンテナ内で電波の相互干渉が発生するため実用化が困難でしたが、独自の干渉抑圧技術を開発したことにより、相互干渉を著しく低減することができ、5周波数帯対応を実現しました。

今後もドコモは通信基盤の開発を推進し、通信品質の向上およびサービスエリアをさらに拡大し、より快適な通信環境の構築に取り組んでまいります。

詳細については、別紙をご覧ください。

  • 注意1 2012年6月28日に、総務大臣よりLTE向けの700MHz帯の開設計画認定を受けております。
  • 注意2 700MHz帯の電波は、2014年度後半に送信を開始する予定です。

別紙 700MHz帯対応マルチバンド基地局アンテナの概要

1.特徴

  1. 従来の4周波数帯対応マルチバンド基地局アンテナと同等の大きさで、5周波数帯に対応。
  2. 独自のアンテナ内干渉抑圧技術により、周波数帯毎の電気的特性の最適化を実現。

2.アンテナ外観および仕様

仕様
アンテナ外観 3セクタ用 6セクタ用(都市部などの密集地用)
アンテナの写真 アンテナの写真
大きさ(高さ×直径) 約2.7m×200mm 約1.8m×290mm
対応周波数帯 700MHz帯、800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯

3.アンテナ内干渉抑圧技術

イメージ画面

4.新アンテナの導入開始時期

2013年3月注意1

  • 注意1 700MHz帯の電波は、2014年度後半に送信を開始する予定です。
  • 注意「Xi/クロッシィ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ