iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

太陽光発電により運用可能な「グリーン基地局」のフィールド試験を開始

-災害に強く、環境に優しいグリーン基地局を13年度上期までに10局設置-

<2013年3月22日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモでは、東日本大震災後、災害に強く、環境に優しい携帯電話基地局の導入を目的に、「グリーン基地局」を開発し、昨年よりドコモR&Dセンター内で試験稼働してまいりましたが、2013年4月より、現在運用中の携帯電話基地局3局(東京都、神奈川県、山梨県)において、グリーン基地局設備を増設し、グリーン基地局のフィールド試験を開始いたします。今後、同様の取り組みを、2013年度上期までに、合計10局(関東甲信越地域)まで拡大する予定です。

グリーン基地局とは、ソーラーパネルの太陽光発電によって、自立的に日中の電源を確保する携帯電話基地局です。災害時、携帯電話基地局への商用電源の供給が滞った場合でも、ソーラーパネルの太陽光発電単独で、携帯電話基地局を運用し、日中の携帯電話の通信を確保いたします。
また、グリーン基地局には、大容量サイクル型蓄電池(ニッケル水素電池およびリチウムイオン電池)を備えており、夜間など太陽光発電で電力が賄えない場合には、携帯電話基地局を長時間バックアップいたします。

  1. グリーン基地局の特長

    (1)災害時に停電した場合にも、日中は、ソーラーパネルの太陽光発電単独で携帯電話基地局が運用可能です。

    (2)既存の携帯電話基地局に、グリーン基地局設備(ソーラーパネル、大容量サイクル型蓄電池、グリーン電力コントローラー等)を追加することで、グリーン基地局化することが可能です。

    (3)グリーン基地局に搭載した「グリーン電力コントローラー」により、基地局が運用時に利用する電源(商用電源、太陽光発電、大容量サイクル型蓄電池)の組み合わせを、遠隔操作でマネジメントすることが可能です。

    【例】グリーン基地局を遠隔操作で「ピークシフトモード」に設定
    晴天時、日中は、ソーラーパネルの太陽光発電により、携帯電話基地局を運用し、通信を確保します。
    日中、基地局の運用に必要な発電量を超過した場合は、超過分を蓄電池に蓄え、夜間等に活用します。

    <左から東京都・神奈川県・山梨県に設置したグリーン基地局のフィールド試験局>
    各グリーン基地局のフィールド試験局画像

  2. 今後の展開
    今後も、ドコモでは、将来のグリーン基地局構想として、燃料電池の導入や、風力発電の導入についても検討を進めてまいります。

別紙1 グリーン基地局の概要

1. 概要

グリーン基地局とは、再生可能エネルギーである太陽光発電を有効利用した、環境に優しく、災害にも強い携帯電話基地局です。
これまで、ドコモは、2012年3月から2013年2月まで、ドコモR&Dセンター内で、計3局の試験用グリーン基地局を稼働し、ソーラーパネルによる発電試験等の動作検証を行ってきました。今回、動作の安定性が確認されたため、運用中の携帯電話基地局にグリーン基地局設備を追加し、グリーン基地局のフィールド試験を開始いたします。
また、ドコモでは、現在、グリーン基地局のラインナップ充実化のため、燃料電池の導入や風力発電によるグリーン基地局の導入についても検討しております。

2. 外観

<神奈川県に設置したグリーン基地局のフィールド試験局>
左:ソーラーパネルと携帯電話基地局、右上:グリーン電力コントローラー、右下:大容量サイクル型蓄電池
イメージ図

<参考>風力発電によるグリーン基地局の実験模様

グリーン基地局のラインナップ充実のため、風力発電によるグリーン基地局の導入についても検討しており、2012年3月より、ドコモR&Dセンター内で、風力発電による基礎実験を開始しております。

<場所:ドコモR&Dセンター内>
ドコモR&Dセンター内画像

別紙2 グリーン基地局の構成要素

1. 主な構成要素

(1)ソーラーパネル
グリーン基地局のフィールド試験で設置するソーラーパネルでは、最大4.19kW注意1 の発電が可能です。今回、グリーン基地局を導入する携帯電話基地局の最大消費電力は、2.0kWであるため、ソーラーパネル単独で携帯電話基地局の運用が十分可能です。

(2)大容量リサイクル型蓄電池
グリーン基地局には、従来のフロート型鉛蓄電池と比較して、2倍以上の電池容量を持つ大容量サイクル型蓄電池(ニッケル水素電池およびリチウムイオン電池)を搭載し、基地局の長時間バックアップ(14〜16時間程度)を実現します。

(3)グリーン電力コントローラー
グリーン基地局に搭載した「グリーン電力コントローラー」により、基地局が運用時に利用する3つの電源(商用電源、太陽光発電、大容量サイクル型蓄電池)の組み合わせを、遠隔操作でマネジメントすることが可能です。

【例1】ピークシフトモード
晴天時、日中は、ソーラーパネルの太陽光発電により、携帯電話基地局を運用し、通信を確保します。
また、日中に、基地局の運用に必要な発電量を超過した場合は、超過分を蓄電池に蓄え、夜間に活用します。
【例2】夜間電力活用モード
比較的安価な夜間電力を蓄電池に充電し、翌日の日中に活用することで、基地局の電気料金を削減します。

また、グリーン電力コントローラーは、太陽光発電によって生み出された電力を、より無駄なく利用することを目的に、発電した直流電力を直流のまま利用することを可能とします。これにより、直流から交流に変換されることで損失されるエネルギーを約10%削減可能なため、発電した電力を、効率的に利用することが可能です。

<参考>グリーン基地局の構成図注意2

以下の通り、既存の携帯電話基地局に、グリーン基地局設備(緑の枠線部分)を追加することで、グリーン基地局とすることができます。

グリーン基地局の構成イメージ図

  • 注意1 神奈川県に設置したグリーン基地局では、1パネル当たり233Wを18枚設置。ソーラーパネル面積は、4.74m×4.87m(23.1m2)。
  • 注意2 発電量等は、イメージです。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ