クレジット決済ソリューション「Anywhere」が銀聯カード決済に対応

-更に、Visa・MasterCard・銀聯が、3.48%+10円/件と安価な決済手数料で決済可能に-

<2013年4月16日>

株式会社リンク・プロセシング
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

株式会社リンク・プロセシング(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田 大輔、以下:リンク・プロセシング)と株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下:ドコモ)は、両社のクレジット決済ソリューションに関する協力体制を一層推進いたします。今回、リンク・プロセシングでは、ドコモのAndroid OSを搭載したスマートフォンやタブレットを店舗のPOS端末として利用できるクレジット決済ソリューション「Anywhere」に、中国人観光客の誘致に欠かせない銀聯(ぎんれん)カード決済機能を搭載いたしました。更に、従来よりも安価な決済手数料で利用できる「一括契約サービス」を4月17日(水曜)より開始いたします。また、ドコモは、当該サービスの取次ぎなどを通じて、ドコモのAndroid端末を使った決済ソリューションの推進を進めてまいります。

モバイルカード決済市場では、スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに取付ける小型のカード読取機を提供する事業者の登場により拡大することが予想されています。一方、これら事業者が提供する決済手数料は、その多くが決済金額の4〜5%注意1 と中小規模の企業様や個人事業主様にとっては導入障壁となっています。また、このようなサービスはクレジットカード決済(一括払いのみ)だけに対応しているものが殆どであるため、銀聯カード決済や複数回払い対応、あるいはPOSとの連携といった付加サービスを利用することができないことが一般的です注意1

そこで今回、リンク・プロセシングでは、決済手数料を「3.48%+取引あたり10円(税別)のみ」(スタンダードプランの場合。初期費用を除きます。)で提供することといたしました。導入をお考えの企業様はリンク・プロセシングへ申込手続きをするだけで、Visa・MasterCard・銀聯のお取扱いが可能(複数回払いにも対応)になります。これにより、これまで手数料がネックで導入を見合わせていた中小規模の企業様や個人事業主様でもクレジットカード決済の導入に拍車がかかることが期待されます。
また、導入いただいた企業様にはスマートフォン上で売上と連動する簡易POSレジ機能やリアルタイムに取引明細を照会する機能、及びCSVファイルダウンロード機能などを無償で提供いたします。取引明細照会機能は、ウェブブラウザからの閲覧が可能ですので、導入企業様の本部など遠隔地からもアクセスいただけます。

リンク・プロセシングが提供する決済ソリューション「Anywhere」は、ドコモや様々なクレジットカード会社と密に営業連携を図りながらサービスを展開しており、「カード決済継続課金サービス」、「マルチペイメント」「デビット」、「DCC」、「電子マネー」など様々な決済機能も今年度中にスマートフォン1台でご利用いただけるようになります。

<一括契約サービスの特徴>

(1)シンプルな申込手続き

ドコモが販売するAndroid OSを搭載したスマートフォンやタブレットをご用意いただいた上で、リンク・プロセシングのホームページ、もしくは専用申込書でお申込みいただくことにより、各カード会社様において加盟審査の上、Visa・MasterCard・銀聯のお取扱いが可能になります。

(2)選べる料金プラン

下記いずれかのプランをご選択いただけます。注意2

  スタンダードプラン プロフェッショナルプラン
初期費用注意3 36,500円/台 36,500円/台
運用費用 決済手数料注意4 3.48%+10円/件 3.2%+10円/件
システム利用料 非対応 月2,000円/台

「カードリーダー兼PINパッド」「プリンター」機能の補足
クレジットカード情報や銀聯決済時に入力する暗証番号は、スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックにケーブル接続するカードリーダー兼PINパッドで暗号化処理を行います。スマートフォンやタブレット上ではデータが残ることはありませんので、個人情報漏えい、およびデータ改竄リスクは存在しません。クレジット決済レシートを出力するプリンターは、多くの店舗において強いニーズがあるオートカッター機能を搭載しており、スマートフォンやタブレットとはBluetooth接続します。

<付加サービスの提供>

(1)リアルタイムに取引明細照会が可能

管理画面において、リアルタイムな取引明細照会機能およびCSVファイルダウンロード機能を無償提供しています。ウェブブラウザからの閲覧等が可能ですので、導入企業様の本部など遠隔地からもアクセスいただけます。

(2)POSレジ機能

今回、Anywhereアプリでは、主に小規模店舗や催事でのご利用を想定した、簡易POSレジ機能を搭載しており、無償提供を開始いたします。売上集計データはCSVファイルとして出力し、メール添付することが可能です。
一方で、導入企業様が独自で構築するタブレットPOSアプリ等との連携インターフェースも無償提供するため、今後、スマートフォンやタブレットの法人利用の拡大が予測されますが、様々なニーズにお応えすることが可能です。

<今後のサービス展開>

リンク・プロセシングでは、電子サインやEメールレシート機能のご提供を計画しており、本機能の提供により、プリンターは不要となるため、カードリーダー兼PINパッドのみご用意いただければ簡易にモバイルによるPOSサービスがご利用いただけるようになります。
また、タブレットPOSやタクシー配車サービスとの連携、EC決済との連動などO2O機能の構築を進めており、スマートフォンやタブレットの更なる法人利用を推進して参ります。

  • 注意1 2013年4月16日時点。(リンク・プロセシング調べ)
  • 注意2 別途、スマートフォンやタブレットの代金および通信費をご負担いただく必要があります。
  • 注意3 本費用には「カードリーダー兼PINパッド」「プリンター」の代金が含まれます。
  • 注意4 Visa・MasterCard・銀聯による売上代金(立替金)はリンク・プロセシングからお支払いします。振込手数料(420円)は導入企業様のご負担となります。
  • 注意「Anywhere」は株式会社リンク・プロセシングの登録商標です。
  • 注意「Android」はGoogle Inc.の登録商標です。
  • 注意「Bluetooth」はBluetooth SIG ,Inc.の登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ