近距離通信を活用した新たなコミュニケーション手段の開発

<2013年11月21日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、携帯電話ネットワークを介さずに情報をやり取りできる「アドホックモード注意1」でAndroidTM OSのスマートフォン同士での通信が可能な新たなコミュニケーション手段を開発し、今後イベントや災害時などに活用できる新たなサービスとしての有用性・実用性の検証を進めてまいります。

この新たなコミュニケーション手段はエヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社が開発した近距離通信技術を用いており、スマートフォンやタブレットに搭載されているBluetooth®を使うことで音声やパケット通信などの携帯電話のネットワークを介さない「アドホックモード」により、近距離に存在するスマートフォン同士で情報の伝達をすることができます。

例えば、混雑したイベント会場でのチャットや伝言など特定の場所に集まった人々の間での情報交換の手段として使えます。また、災害時など携帯通信網が機能しない状況での一斉情報伝達など、新たなコミュニケーション手段としての活用が考えられます。

ドコモは、今後も新たなサービスを提供し、お客さま一人ひとりのスマートライフのパートナーとして、お客さまにベストなサービスが提供できるよう取り組んでまいります。

  • 注意1 スマートフォン同士が携帯電話ネットワークを介さずに直接情報の受け渡しを行う動作を「アドホックモード」と称しています。

別紙 近距離通信の仕組み(イメージ)

イメージ画像

  • 近隣の端末同士が接続しグループ化される。
  • 異なるグループの端末が接続すると、新しい1つのグループとなる。
  • 注意「Android」は、Google Inc.の商標です。
  • 注意「Bluetooth」は、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ