「ドコモ・イノベーションビレッジ」第3期プログラム参加チームの募集を開始

-ビジネス領域不問。ドコモを踏み台にして成功したい起業家を求めています!-

<2014年3月26日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、革新的なサービスや技術を持つベンチャー企業等を支援する「ドコモ・イノベーションビレッジ」の第3期プログラム参加チームを、2014年3月26日(水曜)から2014年5月8日(木曜)までの期間で募集いたします。

「ドコモ・イノベーションビレッジ」は、ドコモがベンチャー企業や開発者を様々な側面から支援する取り組みです。第3期プログラムでは、「Village Boot Camp」「Village Program」という2段階のステップで、約4か月半の支援を行います。
「Village Boot Camp」では、書類と面接により選出されたチームに対して、専門家が集中的にメンタリングを行い、ビジネスプラン策定を支援いたします。「Village Boot Camp」に参加いただいたチームから、「Village Program」への参加チームを選出いたします。
「Village Program」では、専門家によるメンタリング機会の提供に加えて、転換社債引受による最大500万円の資金提供や、共同オフィススペースをはじめとした開発環境の支援を行います。加えて、ドコモとの協業や、ドコモが運営するファンドからの出資も検討いたします。

また、第3期プログラムでは、ドコモと一体となってベンチャー企業を支援する「パートナーブースト企業」として、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が新たに参加いたします。NTTグループの各社に加えて、様々な企業の支援を受けることで、より幅広い分野での開発を目指します。

募集期間 :
2014年3月26日(水曜)〜2014年5月8日(木曜)

プログラム期間 :
2014年6月下旬〜2014年11月上旬

ドコモは、ベンチャー企業へ支援を通じて、スマートフォン向けサービスの更なる拡充を図り、お客様一人ひとりのスマートライフのパートナーとして、お客様の生活がより便利で快適になるよう取り組んでまいります。

別紙 「ドコモ・イノベーションビレッジ」第3期プログラムの募集概要

1. 募集テーマ

ビジネス領域不問。ドコモを踏み台にして、成功したい起業家求めています!

2. 応募条件

  • 法人または今後起業を予定している個人であること。
    法人の場合は、原則として設立3年以内従業員数10名以下であること。
    個人の場合は、Village Programの参加決定後速やかに株式会社の設立を行うこと。
  • ドコモが提供する資金について、転換社債型新株予約権付社債を発行すること。
  • 応募する技術・ビジネスモデル・アイディアは、Village Programの終了までにβ版をリリースできるレベルのものであること。
  • プログラム期間中、毎週実施する定例ミーティング、及びドコモ・イノベーションビレッジに関するイベントに参加すること。
  • Village Programに参加いただいた場合、氏名、所属、ビジネスモデル、サービス概要等を、ドコモが公表することを了承すること。
  • 期間中に合法的に日本国内に滞在できる資格を有していること。
  • 上記を含む事項について定めた契約をドコモと締結すること。

3. 応募期間

2014年3月26日(水曜)〜2014年5月8日(木曜)

4. 応募方法

以下のウェブサイトよりご応募ください。

(別ウインドウが開きます)ドコモ・イノベーションビレッジ

5. 第3期プログラムのスケジュール

スケジュール表の画像

【参考】Village Boot Camp
メンターのアドバイスを受けながら、集中的に開発に向けたビジネスプラン策定やKPIの設定を実施します。Village Boot Campに参加したチームの中から、Village Programの参加 チームを決定いたします。

【参考】Village Program
専門家によるメンタリング機会の提供に加えて、転換社債引受による最大500万円の資金提供や、共同オフィススペースをはじめとした開発環境提供等を実施します。2014年11月に開催する成果発表イベントにて、開発の成果を発表していただきます。

6. 参加チームへの支援内容

Village Boot Camp、Village Program共通 :

  • 専門家による開発面・経営面での定期的なメンタリング
    起業経験者等のメンターによるメンタリングを毎週実施し、開発や経営に関するアドバイスを行います。加えて、メンターによる各種講演を開催いたします。

Village Programのみ :

  • チューター(ドコモ社員)による継続的な開発面・営業面での支援
    ドコモの社員が開発や営業に関して継続的に支援いたします。
  • 転換社債引受による200万円〜500万円の資金提供
  • 共同オフィススペース等の開発環境の提供
    24時間利用可能な共同オフィススペースを無償で提供いたします。加えて、インターネットの接続環境や会議スペース等も用意しております。

7. 「パートナーブースト企業」による支援

ご応募いただいたサービスが「パートナーブースト企業」の注目するサービスと合致した場合、ドコモからの支援に加えて、「パートナーブースト企業」からの支援を受けることができます。第3期プログラムでは、「パートナーブースト企業」として、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、西日本電信電話株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、および株式会社NTTぷららが参加いたします。

パートナーブースト企業 注目するサービス
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 XperiaTMを10倍楽しく使えるサービス
西日本電信電話株式会社 スマートデバイス(テレビ、スマホ、ウェアラブル等)を活用した新たな生活スタイルを実現するサービス
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 オンラインストレージを中心とするパーソナルクラウドを活用した新しい生活スタイルを実現するサービス
株式会社NTTぷらら 新しい総合ライフエンターテインメントを提案するスマートTVサービス
  • 注意「Xperia」は、SonyMobileCommunicationsABの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ