報道発表資料

社会的課題解決に取り組む起業家を支援する新たな取り組み
-「ドコモ・イノベーションビレッジ」に新コース「Villageソーシャル・アントレプレナー」を設置-
<2016年3月29日>

株式会社NTTドコモ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、NDV)は、革新的な技術やサービスを持つベンチャー企業とともにイノベーションを創出するプログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を推進しており、その中で社会的課題を解決する事業を支援する新たな取り組みとして「Villageソーシャル・アントレプレナー」コースを新設し、2016年9月より支援プログラムを開始いたします。本コースの新設により、「ドコモ・イノベーションビレッジ」は全3コースとなります。

「Villageソーシャル・アントレプレナー」は、次世代にも継承することができる「持続可能な社会」の実現に向け、「高齢」「障がい」「貧困」などによる不自由や生活格差など、社会が抱える様々な課題をモバイル及びインターネットを活用して解決しようとする若手社会起業家に対し、事業創出に必要な基礎知識や事業モデルを磨くための実践的な支援や、専門家や先輩起業家によるアドバイスの機会を提供し、スムーズな事業立ち上げや早期拡大を支援する取り組みです。ドコモとNDVがこれまで「ドコモ・イノベーションビレッジ」で培ったベンチャー企業支援や事業マッチングのノウハウを活かしながら、CSRの取り組みの一環として実施いたします。

ドコモとNDVは、「ドコモ・イノベーションビレッジ」を通じて新たな可能性に挑戦し、社会起業家とともに、安心・安全かつ快適で豊かに暮らすことができる社会の実現をめざしてまいります。

詳細については別紙をご覧ください。

別紙 ドコモ・イノベーションビレッジ「Villageソーシャル・アントレプレナー」概要

1. 募集テーマ

モバイルおよびインターネットを活用して、社会的弱者やマイノリティが抱える社会的課題を解決する事業

2. 主な支援内容

  • 事業創出に必要な基礎スキル、知識の習得
  • 専門家、起業経験者等によるメンタリング
  • 社会起業家同士のコミュニティ形成
  • ドコモおよびNDVによるビジネス化支援(事業プランへのアドバイス、ドコモ事業部や関連会社との協業検討、作業スペースの提供)など

3. 応募期間

2016年5月中旬から2016年6月上旬(予定)

4. 応募条件

  • 代表者をはじめ、活動の中心メンバーが35歳以下程度であること
  • 顧客に対してサービスやプログラムを提供した実績があるなど、すでに活動を開始していること

事業実施主体が法人化されているかなど事業形態は問いません。

5. 応募方法

募集・選考はNPO法人ETIC.主催の起業支援プログラム「社会起業塾イニシアティブ」を通じて実施する予定です。詳細は以下「ドコモ・イノベーションビレッジ」Webサイトをご確認ください。

別ウインドウが開きますhttps://www.nttdocomo-v.com/village/se/

<参考 ドコモ・イノベーションビレッジ概要>

ドコモ・イノベーションビレッジ概要画像ドコモ・イノベーションビレッジ概要画像

  • 本取り組みの募集及び選考は、NPO法人ETIC.主催の起業支援プログラム「社会起業塾イニシアティブ」を通じて行われ、2016年5月中旬から6月上旬まで支援対象者を募集する予定です。「社会起業塾イニシアティブ」とは、社会を変える可能性を持ったスタートアップ期の社会起業家を選抜し、事業を加速させるための実践的な学びの機会を提供する、NPO法人ETIC.主催の起業支援プログラムです。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ