報道発表資料

「ドコモ タブレット arrows Tab F-04H」を発売
<2016年7月26日>

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、タブレットでは世界で初めて1虹彩認証「Iris Passport」を搭載した「ドコモ タブレット arrows Tab F-04H」を、2016年7月29日(金曜)に発売いたします。

発売日:
2016年7月29日(金曜)[全国一斉]

販売チャネル:
全ドコモ取扱店

端末外観:

ドコモ タブレット arrows Tab F-04H(Black・表面)の写真
ドコモ タブレット arrows Tab F-04H(Black・裏面)の写真
Black
ドコモ タブレット arrows Tab F-04H(White・裏面)の写真
White

なお、詳細は別紙のとおりです。

arrows Tab F-04H

  1. 2016年5月11日現在。富士通調べ。

別紙1 「ドコモ タブレット arrows Tab F-04H」の主な特長

~立てかけられるgrip edgeと、虹彩認証搭載で、こだわりの快適をあなたに。~

  1. 持たずにゆっくり楽しめる。grip edgeでタブレットの使い方が広がる。
    • ドコモ タブレットでgrip edge初搭載。様々なシーンで手軽に立てかけられるので快適に使えます。キッチンでのレシピチェックやお風呂でのテレビ視聴など、壁に立てかけて快適に楽しめます。縦にも横にも立てかけられるので用途に分けて使えます。
    • 4段階に角度調節ができる卓上スタンド(試供品)を同梱。立てかける壁がない場所でも快適に使えます。コンパクトに折りたためるので持ち運びにも便利です。
    • 薄くて軽く、どこでも快適に使えます。マットな質感で心地よく手になじみます。
  2. タブレット世界初1、虹彩認証搭載と高耐久設計で安心して使える2
    • 世界初、虹彩認証「Iris Passport」搭載タブレット。画面を見るだけで誰でもかんたんに一瞬でロック解除が可能。手が濡れていたり、手袋をしていても、簡単にロック解除できます。また、ネットショッピングなどのパスワード入力も手軽にできます。
    • 1台を共有しやすい「マルチユーザー」機能搭載。ホーム画面や文字サイズの設定等が個別にできるので、自分専用のタブレットとして使えます。また、アプリやメールなども専用に管理できる3ので、ユーザーごとにアカウントを切り替える必要がなく快適です。最大8ユーザーまで登録可能です。
    • 安心の防水(IPX5/8)防塵(IP6X)対応はもちろん、新たにMIL規格14項目4に準拠した高耐久設計を採用。お風呂でタブレットを使うなどの日常使いから、キャンプなどの様々な場所やシーンで、安心して使えます2
  3. 大画面約10.5インチの有機ELディスプレイで細部まで色鮮やかで見やすい。
    • 2Kのフルハイビジョンのテレビよりも解像度の高い高精細WQXGA有機ELディスプレイを搭載。黒は限りなく黒く、瞳に映る繊細な色彩はありのままに表現するので美しく動画を楽しめます。富士通独自の映像処理エンジンXevicで動画をより美しく映します。
    • Youtube等の動画視聴時に富士通独自の高速ストリーミングなら、待たされずにストレスなく見ることができます。アプリのダウンロード時にも、高速ダウンロードで快適に。PREMIUM 4GTMにも対応しているので、さらに高速で安定した通信が楽しめます。
    • PCのドキュメントを閲覧、編集できるWPS Officeを搭載。パソコン版ATOK相当の豊富な語彙、2016年最新の辞書に対応したSuper ATOK ULTIAS搭載。賢い変換でストレスフリーで文字入力できます。入力方法もワンタッチ切り替えで快適です。
  1. 2016年5月11日現在。富士通調べ。
  2. 無故障・無破損を保証するものではありません。
  3. マルチユーザー機能を利用してユーザーを切り替えても、サービスやアプリによっては、同一のユーザーの利用として取り扱われる場合があり、他のユーザーからお客様個人に関するデータの閲覧や変更削除等、決済、その他のサービスやポイント類の利用などを行える場合があります。また、サービスやアプリが正常に動作しないことや利用・機能制限が発生する可能性があります。
  4. 米国国防総省の調達基準(MIL-STD -810G)の14項目、落下、浸漬、粉塵、塩水噴霧、湿度、太陽光照射、振動、風雨、高温動作(60℃固定)、高温保管(70℃固定)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧保管、低圧動作に準拠した試験を実施。本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての状況での動作を保証するものではありません。また、無破損・無故障を保証するものではありません。

別紙2 主な対応サービス・機能一覧表

PDF主な対応サービス・機能一覧表(PDF形式:173KB)

別紙3 主なスペック一覧表

arrows Tab F-04Hの主なスペック一覧表
カラー Black
White
サイズ(高さ×幅×厚さ:mm) 約175×約266×約6.8
質量(g) 約439
OS AndroidTM 6.0
ディスプレイ(サイズ、ディスプレイ方式、発色数) 約10.5インチ
有機EL
1677万色
ディスプレイ解像度(横×縦:ドット) WQXGA 2560×1600
CPU Qualcomm MSM8992
1.82GHz+1.44GHz
ヘキサコア
内蔵メモリ(RAM/ROM) 3GB/32GB
外部メモリ(最大対応容量) microSDXC(200GB)
バッテリー容量 6000mAh
防水機能/防塵(ぼうじん)機能 ○/○
(IPX5、8/IP6X)
VoLTE/VoLTE(HD+) -
連続待受時間(静止時[自動])(LTE/3G/GSM:時間) 約970/約1080/-
連続通話時間(LTE/3G/GSM:分) -/-/-
UIM nanoUIM
対応周波数帯 国内 LTE 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
3G 2GHz/800MHz
海外 FD-LTE 2GHz/1.7GHz
TD-LTE -
3G 2GHz/850MHz
GSM -
PREMIUM 4GTM
LTE(受信時最大速度/送信時最大速度1 262.5Mbps/50Mbps
Bluetooth(対応バージョン) ○(4.1)
外側カメラ機能
撮像素子/有効画素数
裏面照射型CMOS/約810万
内側カメラ機能
撮像素子/有効画素数
裏面照射型CMOS/約240万
ハイレゾ
ワンセグ/フルセグ ○/○
生体認証 虹彩認証
非常用節電機能 -
製造メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

<LTEについて>

  • 受信時最大262.5Mbpsは、東名阪の一部地区に限ります。
  • 対応エリア、対応機種の詳細は、ドコモのホームページでご確認ください。
  • 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
  • ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
  • PREMIUM 4Gエリア内でも、電波状況によりLTE通信またはFOMA®通信となる場合があります。

<防水について>

  • ご使用の際はキャップ(外部接続端子カバー)が確実に閉じているかご確認ください。
  • 防水性能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換をおすすめいたします(有料)。
  • IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
  • IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。

<防塵について>

  • IP6Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
  1. 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

  • 「YouTube」は米YouTube社(YouTube,LLC)の商標です。
  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • 「Bluetooth」は、Bluetooth SIG,INCの登録商標で、株式会社NTTドコモはライセンスを受けて使用しています。
  • 「PREMIUM 4G」「FOMA」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ