報道発表資料

コーポレートベンチャー投資ファンド「ドコモ・イノベーションファンド2号」を設立
-継続的にベンチャー企業との連携を強化し、「beyond宣言」を実現-
<2017年7月27日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、NDV)、NTTファイナンス株式会社と共に、有望なサービスや技術をもつベンチャー企業との連携強化を目的とした、運用総額150億円の「ドコモ・イノベーションファンド2号投資事業有限責任組合(以下、DI2号ファンド)」を新たに設立することを、2017年7月27日(木曜)に決定いたしました。

ドコモは、2013年2月に設立した「ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合(以下、DIファンド)」(運用総額100億円)を通し、ベンチャー企業の支援に取り組んでまいりました。
この度設立するDI2号ファンドでは、ドコモが2017年4月に策定した中期戦略2020「beyond宣言」の実現に向けて、AI、IoT、FinTech、AR・VR、ドローン等、様々な分野での革新的な技術や斬新なビジネスモデルを有するベンチャー企業を、早期の段階から支援し、連携を強化してまいります。

DI2号ファンドの設立は、2017年9月を予定しており、DIファンドと同様、NDVにて運用いたします。

今後もドコモでは、ベンチャー企業への出資等の取り組みを通じ、2020年とその先の未来に向けて、ビジネスパートナーの皆様との新しい価値の協創をめざしてまいります。

別紙 コーポレートベンチャー投資ファンド「ドコモ・イノベーションファンド2号」の概要

1. 概要

NDVを運営管理会社とするコーポレートベンチャー投資ファンド「DI2号ファンド」を設立します。

2. ファンド名称

ドコモ・イノベーションファンド2号投資事業有限責任組合

3. 設立時期

2017年9月(予定)

4. 運用総額

150億円

5. 運用期間

10年

6. 投資対象

有望なサービスや技術を保有するベンチャー企業


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ