報道発表資料

(お知らせ)「ユニバーサルサービス料」の改定について
<2017年11月29日>

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、電気通信事業法に定められた電話のユニバーサルサービス制度の番号単価(1電話番号当たりの負担額)の改定に伴い、2018年1月ご利用分(2018年2月ご請求分)からの「ユニバーサルサービス料」を1電話番号あたり月額2円に改定いたします。

ユニバーサルサービス制度は、NTT東日本・西日本によるユニバーサルサービス(加入電話・公衆電話・緊急通報)の提供の確保に必要な費用の一部を通信事業者全体で、電話番号数に応じて負担する制度で、ドコモでは、ユニバーサルサービス制度の趣旨に照らし、お客さまのご利用になる電話番号数1に応じてユニバーサルサービス料をご負担いただいております。

引き続きお客さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ユニバーサルサービス制度

  1. 改定の内容
    ユニバーサルサービス料の改定について
    改定前
    (2017年12月ご利用分まで)
    改定後
    (2018年1月ご利用分から)
    3円/月 2円/月
  2. 改定日
    2018年1月1日(月曜)
  1. ユニバーサルサービス料の対象サービスは以下のとおりです。ただし、「020からはじまる番号」は除きます。
    Xiサービス、FOMAサービス、マルチナンバーサービス、2in1サービスのBナンバー、ワイドスター通信サービス、ビジネスmoperaIPセントレックス、オフィスリンク、ボイスミーティングサービス、ドコモ光電話、ドコモ光電話の追加番号

  • 表記の金額はすべて税抜です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ