報道発表資料

(お知らせ)dポイントによるポイント投資サービスの利用者が開始から3週間で10万人を突破
-総運用ポイント数は2億ポイントに到達-
<2018年6月11日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供する、dポイントを利用して投資体験ができるポイント投資サービス(以下、ポイント投資)をご利用のお客さまが2018年6月7日(木曜)に10万を突破いたしました。2018年5月16日(水曜)の提供開始から約3週間での10万突破となります。

ポイント投資は、dポイントクラブ会員の方なら誰でも利用いただける1、dポイントを活用した投資体験サービスです。dポイントクラブのアプリまたはWEBからポイント投資サービスサイトにアクセスし、運用するポイント数と運用コースを選択するだけで、即日開始可能です。投資中のポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出せ、dポイントとして利用いただけます。

「ポイント投資」サイト:別ウインドウが開きますhttps://dpoint-inv.com/
(アクセス方法:dポイントクラブアプリ/サイト→「ためる」→「ポイント投資でためる」)

2018年6月7日(木曜)時点の、総運用ポイント数は、約2億2,000万ポイント、一人あたりの平均ポイント運用残高は約2,200ポイントです。特徴としては、1,000ポイント未満で投資を始めている方が全体の約60%となっております。また、お客さまの性年代構成は、男性・40代が23%と最も多く、次いで、男性・30代が19%、女性・30代が11%となっており、30代・40代の資産形成層を中心に幅広いお客さまにご利用いただいております。

約3週間で10万人のお客さまにご利用いただく中で、“始める時の敷居が低い”、“投資を身近に感じる”といったポイントを活用した投資体験サービスならではのご意見をいただいております。
今後も、ポイント投資および同日に取扱を開始した資産運用サービス「THEO+ docomo」2の両サービスを通じ、投資初心者のお客さまに対しても、投資を身近に感じていただき、スマートフォンで少額から資産運用ができる機会を提供することで、「貯蓄から資産形成へ」という社会的課題の解決に貢献してまいります。

ポイント投資におけるご利用状況の概要については、別紙をご参照ください。

  1. ポイント利用拒否設定がされているお客さまは本サービスをご利用いただくことができません。
  2. 「THEO+ docomo」は、株式会社お金のデザインが提供するサービスです。

別紙 ポイント投資におけるご利用状況の概要(2018年6月7日時点)

(1)利用者数
100,533人

(2)利用者の性年代

画像:利用者の性年代グラフ

(3)総運用ポイント数
219,587,841ポイント

(4)平均運用ポイント数
2,184ポイント

(5)一人あたり初回投資ポイント数の分布:

画像:一人あたり初回投資ポイント数の分布グラフ

(6)アクティブコース/バランスコース選択比率

画像:アクティブコース/バランスコース選択比率グラフ

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ