報道発表資料

(お知らせ)世界初、360度8KVRライブ映像配信・視聴システムを開発
-ドコモ5Gオープンラボ Yotsuyaに展示-
<2018年6月26日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、世界初1の360度8KVRライブ映像配信・視聴システム(以下、本システム)を開発しました。本システムを利用することでスポーツや音楽のライブイベントをリアルタイムに360度8K映像として撮影、配信することが可能となり、ヘッドマウントディスプレイを通してVRライブ映像を視聴することが可能になります。

360度8K映像の配信に必要な映像合成や圧縮をリアルタイムに行うことは、演算処理負荷が4Kの4倍と非常に高く、ソフトウエアで実現することが困難でした。そこで高い処理能力を持つFPGA(Field Programmable Gate Array)を採用し、さらにこの高負荷演算をFPGAに合わせた形でアルゴリズムを入念に検討し高密度実装開発2することで、映像合成や圧縮のリアルタイム処理(30fps)を行うことを可能としました。

また、配信された360度8K映像をヘッドマウントディスプレイで視聴するにあたり、360度8K映像を複数の切り出し映像(タイル)に分割し視聴方向だけの映像を再生することで再生にかかる処理負荷を下げるパノラマ超エンジンTMエンコーダについても、ライブ配信向けにリアルタイム動作が可能となるようにアルゴリズムを工夫したエンコーダをあわせて開発しました。

本システムは、円周方向に外向きに配置された5台のカメラから出力される4K魚眼形式映像をリアルタイムに合成(スティッチング)し、30fps3で360度8K映像を出力するリアルタイムスティッチング装置、360度8K映像をサーバへ配信するためにリアルタイムで圧縮(エンコード)を行うリアルタイムH.264エンコーダ、360度8K映像を複数方向のタイルに分割するリアルタイムパノラマ超エンジンエンコーダ、そしてこのタイルをユーザの視聴方向に合わせて配信する配信サーバから構成されます。

本システムをスポーツや音楽イベントに用いることで、まるでその場にいるような、非常に没入感の高いライブVR体験をお楽しみいただけます。

なお、本システムは、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画いただいている企業・団体(1,503団体4)向けに提供する常設5G技術検証環境「ドコモ5GオープンラボTM Yotsuya」に展示を行う予定です。

ドコモは、今後も5G時代における音楽イベントやスポーツなどの新エンタメ体験の実現に向け、高品質なVR技術の開発に取り組んでまいります。

  1. 2018年6月26日(火曜)現在。ドコモ調べ。
  2. 「高密度実装開発」とは、FPGAの計算資源を最大限活用するような実装を行うことをさします。
  3. 「30fps」とは、映像を1秒間に30フレーム表示することをさします。
  4. 2018年6月21日(木曜)現在。

別紙 360度8KVRライブ映像配信・視聴システムの概要

画像:システム構成図

  • 「パノラマ超エンジン」はNTTテクノクロス株式会社の商標であり、「ドコモ5Gオープンラボ」は株式会社NTTドコモの商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ